このエントリーをはてなブックマークに追加

国道23号の慢性的な渋滞

工業で有名な三重県四日市市。かつては四日市ぜんそくという公害に悩まされた都市でもあります。あれから60年あまりたった今でも、バリバリの工業都市都市として君臨をしております。これから伊勢志摩サミットなどで何かと注目をされるわけですが、伊勢方面に出かけるときに注意したいことを書き留めたいと思います。

関連記事・伊勢志摩地方に行くなら「まわりゃんせ」意外は、あり得ない理由とは!?

---PR---


四日市市ってどこにある?

三重県の沿岸部分(名古屋より)にある東海地方でも有数の工業都市です。この街、明らかに周辺の街と様子が異なります。ファイナルファンタジーやターミネーターに出てくるような工業都市の風景が広がっています。

そうそう、この風景の特徴を活かして?利用して?夏には、工場ライトアップなんかのイベントも開かれています。

yokkaichi

yokkaichi2

画像引用元:
http://photohito.com/photo/2190947/
http://ykyc.jp

写真を見てもらうとわかりますけど、現役の工業都市ですね。
今回は、この四日市市を通過するときのワンポイントをお伝えします。

それは…..
決して国道23号線や国道1号線を使わないってことです。

特に国道23号線の渋滞は昼夜・曜日を問わず激しいです。いつの間にかトラックやトレーラーの集団に囲まれて、身動きが取れない状況になります。一度はまってしまうと、両サイドが巨大な工場群になっているので、抜け道がありません。

まじかよ~~~~って感じになります。

こんな様子ですね。
これは、平日の昼間。

もちろん、ラッシュ時間ではない、ごく普通の時間帯です。
↓ ↓ ↓
google-map-yokkaichi

グーグルマップで確認をしても真っ赤、真っ赤です。

google-map-yokkaichi

でも、どうしても国道を使いたいって方は、
せめてもの楽しみで大遠会館 まぐろレストランを訪れてみてください。

国道23号線沿いでバリバリの工場地帯にあるお店ですが、なぜか激うまな海産物が食べられることで有名です^^

まぁ、ある種の物好きは別として、伊勢志摩方面に向かう場合は、おとなしく有料道路を使うか、もし、一般道路で行く場合は、少なくても四日市周辺だけは有料道路を使って通過したほうが賢明だと思います。

伊勢志摩方面への一般的な走行例:

東京方面からくる場合のルート

1.東名高速(新東名高速もあり):赤色

2.伊勢湾岸自動車道:緑色

3.東名阪自動車道:青色

4.伊勢自動車道

スクリーンショット 2016-02-20 09.11.51

というルートが一般的だと思います。
*以前、東名高速の音羽蒲郡から岡崎までは断続的に渋滞が発生していました。

現在は、新東名高速も開通していますので、そこまで気にする必要もないのかな?と予想していますが、どうしても渋滞を避けたい人は、時間帯をずらすか、新東名高速道路、伊勢湾岸自動車道と移動した方が良いと思います。

まぁ、あとは運次第ですね。

紛らわしいですが、東名と新東名高速が並行して存在しています。

toumei

伊勢方面から、東京方面に向かう際は、東名阪自動車道の四日市JCTあたりが渋滞(特に週末の16時くらいから激しいです。)します。
名古屋市内へは行かずに伊勢湾岸自動車道、東名高速道路へと流れた方が良いと思います。

yokkaichi

ちなみに大阪方面への帰宅でしたら

新名神高速か名神高速もしくは、名阪国道です。

サミット関連の交通規制情報の入手先

サミットが開かれる5/25~5/28日は、首脳陣の移動に伴い流動的に交通規制が行われるようです。
この間は、公共交通機関で移動した方がよさそうです。

ツイッターなどでも情報を入手できるみたいなので、
気になる人はフォローしといてもいいかもです。

愛知県警サミット対策ツイッター

伊勢志摩地方に観光に行くなら….

海女さんが炭火で海産物を調理してくれます!

鳥羽マルシェもいいと思います。
鳥羽の新鮮な海産物を選んで、その場で調理して食べられます。

300円のさばき代金を支払えば、何匹でも刺身にしてもらえたような気がします。さばいた刺身を併設のイートインスペースで楽しむこともできます。

伊勢志摩方面で人気の宿

食彩の湯宿 冨久家

料理旅館 伝洋

漁師料理と温泉の宿 浜栄


---PR---

FavoriteLoading記事を登録
▼記事一覧follow us in feedly