このエントリーをはてなブックマークに追加

ビデオテープをDVDにする方法

ビデオ

一昔前、映像を楽しむといえば、VHSというビデオテープが主流でした。今、レンタルビデオ店に行くと、DVDがたくさん並んでいるように、当時は、ビデオテープがずら~と並んでいたことを思い出します。

そんなビデオテープですが、近年新しい大容量記憶媒体として、再度見直されている動きがありますが、私達のような一般人にとっては完全に「過去の産物」となっております。
しかし、過去の産物化していると言いつつも、もしかすると、あなたの家には、未だにビデオテープがあるのではないでしょうか?

当時は気にならなかったけれど、DVDより無駄なスペースを取るビデオテープに、邪魔だな~というお思いを持たれている方も多いはずです。しかし、過去にとりとめたビデオテープの大切さが変わるわけではありませんので、なんとかしてビデオテープに保存されている映像を取り出したいと思いますよね?

私も一緒の事を考えました。という事で少し調べてみたところ、ビデオテープの映像をDVDに保存するサービスがありましたので、本日はこの紹介をします。

無駄にスペース取るだけではないビデオテープの問題点

ビデオテープは、磁気テープによって記憶する方法です。
この磁気テープは、経年劣化、つまり時間とともに劣化をしていく性質があり、将来のある地点で映像が消えてしまったり、最悪の場合、ビデオテープ自体が切れてしまう可能性もあります。

ビデオテープに保存しておくことは、スペースを取るから邪魔という事より、経年劣化による映像の損失の方を考えなければいけませんね。

経年劣化による映像の損失を防ぐために、ビデオテープから映像を取り出して、DVDに保存する事が重要になります。もしくは、DVDではなく、ハードディスクに保存をしても良いかと思います。

ビデオテープをDVDに保存する方法

ビデオテープの映像をDVDに保存する方法はいくつかありますが、手間と時間的なコストを考えると、業者に任せる事が寛容だと思います。移行作業に多大なる時間を投資するくらいなら、旅行に行ったり、大好きなゴルフのラウンドを周っていた方が楽しいはずです。餅は餅屋です。ケチれば、自分の時間が消費するだけの結果となるでしょう。

それでも自分でダビング作業を行いたいという方は、

I-O DATA USB接続ビデオキャプチャー GV-USB2を使って行う方法か、DVDとビデオテープが一体になっている物をレンタルして行います。

いずれの場合であっても、当サイトとしては非推奨ですから、
あとは、ご自分でお願いをいたします。(解説記事なども書きません)

当サイトとしては、ビデオテープをDVDにダビングをしてくれる【想い出ビデオDVDダビング工房】さんをお勧めします。

想いでダビング業者さんの良い所

ダビング業界で最安値
120分テープ1本358円~から依頼ができます。

気になる送料も5本以上で送料を無料にしてくれます。

さらに、ビデオテープに発生をするカビの除去など、ビデオに関する困ったを解決してくれる様々なオプションサービスも提供しています。

それになんといっても、
あなたのする事は、業者にビデオを送って、待つだけです。

詳細は、こちらをご覧ください。

まとめ

大切な映像をほんのわずかなお金でしっかりと保管ができるのなら安い物です。映像などの情報は、紛失してからでは遅いです。沈みかけている船の底をみたら、泥でできていた事がわかった!という状況では遅いのです。

あとは皆さんの価値観だと思いますので、じっくりと検討するのもよし、まずは使ってみるのも良し。

ぜひ、検討をしてみてくださいね^^




---PR---

FavoriteLoading記事を登録
▼記事一覧follow us in feedly