このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜか関税ばかり語られるTPP

連日のようにTPPの大筋合意のニュースが流れています。
各新聞社も大幅に紙面を割いているようで、今朝の中日新聞(地方紙)も二面に渡り関税の事が解説されていました。

関税の事です。
いえ、関税のことだけです。

なぜ、なぜ。
TPPって関税のことだけではないのに…

---PR---


TPPで関係する21分野

(1)物品市場アクセス(作業部会としては、農業、繊維・衣料品、工業)
(2)原産地規制
(3)貿易円滑化
(4)SPS(衛生植物検疫)
(5)TBT(貿易の技術的障害)
(6)貿易救済(セーフガード等)
(7)政府調達
(8)知的財産
(9)競争政策
(10)越境サービス
(11)一時的入国
(12)金融サービス
(13)電気通信
(14)電子商取引
(15)投資
(16)環境
(17)労働
(18)制度的事項
(19)紛争解決
(20)協力
(21)分野横断的事項

引用元

あれれ~TPPって関税の事だけじゃないの?と疑問に思われた方も多いと思いますが、実は、関税分野を含めて21分野について広く関係する物でもあります。

締結後、年数を重ねていくにつれて21分野に様々な影響が出てくるのだと思いますが、

現在の日本の報道機関は、関税ばかりを伝えていて、その他の分野についての報道が極めて少ないことが気になります。

なぜ、報道しない?

私的に反対、反対という立場ではないけれど、
世界に向けて攻めの戦略をとるにしても、

謎が多すぎるよ….TPP君。

これ、企業とかの話だけではなくて、自分がどのように生きていくのかの人生設計にも関わってくると思いますよ。

例えば、今以上にグローバル化が進んで、英語が喋られないって事が完全にできない人と認定される可能性もありますし、

誰でもできるような単純作業は、今以上に外国人に門戸を開放する可能性があるので、ドヤ顔で何十年と勤務している日本人も安心している場合ではないです。
>>TPPについてゼロから学べるまとめサイト

たった一人が何かを語っても意味がないとは思いますが、
何か意見を求められた時に、人並みに自分の意見を言えるくらいの大人でありたいですよね。

なんかね。あまりにも無関心過ぎるし。

芸能人が結婚したとかさ。

そういうのには、やたらと興味をしめして、
将来の生活に直結する事には無関心ですよね。

私的には、テレビが人生の時間を浪費する物としか思えないです。
まぁ、単なる私の価値観ですが….汗

TPP亡国論 (集英社新書)

僕はこの本に感動しました^^

自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間"を捨てられるか (青春文庫)

今日も最後まで読んでくれてありがとう!
気に入ったらシェアよろしくです。

それじゃ。
バイチャ(^^)/


---PR---

FavoriteLoading記事を登録
▼記事一覧follow us in feedly