このエントリーをはてなブックマークに追加

今すぐできるスマホの通話量削減方法

通話し放題

スマホによる料金の高止まりは異常。端末の割賦契約、自動更新制度、月々割り、パケット使いたい放題、通話し放題などの「まやかし」により、月々8,000円や10,000円の大台を超えている人が未だに一杯います。なぜ、そこまで寛大な心で請求額を受け入れられるのかが不思議です。

知らないのか、知っているのか。
それとも知ろうとしないのか、疑問に思わないのか。

「そのスマホ料金、冷静に考えて高くね??」
って思うわけです。

今日は、そんな闇の部分の一つ通話料金の削減について紹介をします。

---PR---


通話代金の削減は、通話し放題でもできる。

ここで質問、「あなたは通話し放題に入っていますか?」

入っている人にもう一度、質問です。

「理由は?」

この理由を明確に答えられて、意味がある使い方をされている人でしたら、通話し放題はお得なのかもしれません。

しかし、中には「なんとなくお得そう」や「友達が入っている」などの周りの影響により加入している人もいます。そんな人たちにもう一度聞きたい。

「なぜ、加入しているの?」

「その通話は、必ず090や080の電話番号からでないとだめなの?」

通話し放題に加入するか、しないかの基準

通話し放題に加入する、しないを決める時の基準は、
090や080の電話番号から月間の合計で100分以上通話をするかです。

ポイントは、

・090や080の電話発信

・通話の合計が月間で100分にいくかです。

この100分というのは、明確な理由があり、ここでは割愛をさせていただきます。

「今、あなたの月間の合計は100分以上になっていますか?」

もし、なっている場合は、次の質問にもう一度、自問自答してください。

「それは特定の人とですか?」
「アプリ同士の無料通話ではだめなのですか?」

これまでの質問に対して、「すべて明確に否定」することができるなら、これまで通り通話し放題プランに加入をしてもいいと思います。
もし、否定ができないようであれば、次のような通話料削減方法をお試しください。

楽天電話やプラステルトークパックの導入を検討する

ここから先は、スマホを使っていて、「通話し放題プランに加入していない人が、どのように通話代金を削減するばいいのか」を説明していきます。

通話し放題プランに加入しない場合の通話代金は、多くの場合、

30秒当たり20円、一分間換算で40円になります。

これを一気に半分、つまり..

30秒あたり10円、一分換算で20円にする方法があります。

それが楽天電話アプリです。

これは、一般の電話回線を使っているのに、通話代金だけが半額になるという仕組みです。

もちろん、今使っている電話番号もそのまま。
同じ電話回線を使用した通話なので、通話品質も変わりません。

つまり、基本使用料等も一切かかりませんので、利用しないだけ損ということになります。

ブラステルのサービスも優れている。

楽天電話の代わりになるサービスもあります。
それがブラステルトークパック30や60です。

トークパック60の場合、月額の最低利用料金が990円、この中に60分の通話料金が含まれています。もし、60分を経過した場合は、6秒当たり2円、1分20円で利用ができます。※MMD研究所の調べによると、携帯電話利用者の約86%が、1か月の通話時間の合計時間は60分に収まっているそうです。

もちろん、今使っている電話番号をそのまま利用ができて、何カ月加入しなければならないという最低加入期間もありません。

それにもうお気づきの方もいらっしゃると思いますが、
60分経過後の利用料金の課金方法に注目してください。

楽天電話の場合は、30秒ごとに10円が課金されます。
ブラステルは、6秒ごとに2円です。

トータルの額としては変わりませんが、課金の区切りが非常に細かいので、無駄な料金を課金される可能性が低くなります。

とういうことかというと…

楽天電話で通話をして、開始から24秒で切った場合は10円が課金されますね?
少し延長して36秒で切った場合は、20円になってしまいます。

ブラステル電話の場合、開始から24秒で切ると、24/6*2=8円です。
36秒で切った場合は、36/6*2=12円です。
*ブラステル=6秒ごとに2円の課金。

このたった数秒の違いであっても、課金のタイミングが細かいだけで違いが生まれてきます。これがつもりにつもり月間の合計になると….

結構大きな違いになるとお分かりいただけると思います。

今、紹介をした楽天電話かブラステルのトークパックを導入することによって、090や080からの一般電話の通話料を抑えることはできます。

090や080からの電話発信を抑える方法

通話代金を抑える方法として次に検討するのは、
いかに「090や080からの一般電話番号発信をなくすか」です。

楽天電話であれ、ブラステルであれ、使った分だけ通話代金がかかっていくのはかわりません。ですから、「一般電話からの通話を少なくするにはどうすればいいのか?」の観点から考えていくようにします。

今、あなたがよく通話する相手は特定の人ですか?

その方は、スマホですか?

その方との通話をラインやスカイプ、フェイスタイムなどの通話に切り替えることはできませんか?

仕事用に使うならまだしも、プライベートで使うのであれば、ラインやスカイプなどの無料通話アプリによる通話でも十分だと思います。これらのサービスをうまく使いこなしていいくと、090や080の一般電話番号からの発信が少なくなります。これがイコール通話代金の削減につながっていくのですね^^

ちなみにラインによる通話は二種類あります。

1.ラインアプリを入れている同士の通話。

2.ラインアプリから一般電話番号への通話。

ラインアプリから一般電話への通話は何等の制限はありません。相手がスマホだろうが固定電話だろうが、ガラケーだろうがです。一般の電話番号に対して普通に発信ができます。しかも破格の通話料金です。しかし、「自分の電話番号が表示されない非通知」として表示されてしまうので、あまり実用的ではないともいえます。

Masa.Masa.

■まとめ
スマホの通話代金を削減するポイントをわかっていただけましたか?
必ずしも「通話し放題プラン」に入らなくても、通話代金を削減する方法はいくらでもあります。

使っても使わなくても月々○○円というランニングコストを抱えるより、自分が気を付ければ少なく済ませる仕組みを導入した方が賢明だとは思いませんか?

今日も少しは、役に立てましたか?また次回の記事もしっかりチェックしておていね!よろしく~バイチヤ!


---PR---

FavoriteLoading記事を登録
▼記事一覧follow us in feedly