このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトバンクの「やめさせない営業活動」が強すぎる

スマホ

今日は、ソフトバンクのMNP転出手続き時に起きた出来事を皆さんとシェアしたいと思います。私のスマホ料金削減サービスのクライアントさんの実話です。

---PR---


クライアントさんは、60代後半の男性で、ソフトバンク一筋20年になる優良顧客です。その方が、「こんなに長く契約をしているのに、何のメリットもない」と感じた事から、他社へ乗り換えたいとの依頼でした。

この方は、厚みも2CMを超えるほどの旧型タイプの携帯電話を使っていて、端末の古さからも一つの会社をずっと使っていた様子が伝わってきます。物をいつまでも大切に使う姿は、素晴らしいとは思いますが、同じ会社と長く契約する事は、損得の視点で考えると、必ずしも得ではありません。

特に携帯業界は、急速に料金値下げ方向へシフトしていますので、長期契約をしている方がむしろ損するというおかしな状況になっております。ですから、この方と同じように長期契約者の方が、「長期契約のわりにメリットがない」と感じられるのも決して不思議ではないと思うんです。

もし、同じように長期契約をしている人で、料金的な恩恵を受けていないと感じるようなら、思い切って変えるタイミングだと思います。今回のクライアントも、まさにそのタイミングでした。

WE CAN CHANGE!

クライアントの利用状況と目的を診断

簡易無料削減診断でクライアントの利用状況とニーズを診断した結果…

ソフトバンクからMNP転出を行ってから、フリーテルへ変更する事にしました。

フリーテルは、使った分だけ支払う料金プランになっていて、他社のようにあらかじめ●●GBは、●●円と決められていません。

毎月、ゼロからカウントして、使った分だけを支払えばよい「段階的従量課金制」です。これは、1GBまでは●●円、これを少しでも超えると、次の上限である3GBの料金が適用される仕組みです。1.1GBでも1600円。2.9GBでも1600円という事です。あるボーダーを超えると、上の料金上限が適用されるという事ですね。

フリーテルは、月間のパケット使用量が、1GB未満の方に最安で維持ができる大きなメリットがあります。

そんなシンプルな料金プランのフリーテルから本日、最新のスマホが発売されました。
スマホとガラケーをプラスしたムサシです。

FREETEL MUSASHI (シャンパンゴールド)

新品価格
¥24,800から
(2016/3/27 06:54時点)

今回のクライアントも長年の携帯電話ユーザーであるため、いきなりスマホに変えるのは何かと不安があるという事で、このムサシを購入することにしました。

数日前から綿密な行動計画を一緒に作成して、
本日3/26日に無事に契約をされました。

私の有料診断を受けると….

当日、どのようにMNPを行えばいいのか。

どこで何を購入するばいいのか。

どのプランを選べばいいのか。

違うオプションプランを進められたらどうすればいいのか。

これらをすべてご提案いたします。

当日は、この提案内容に基づき行動を行っていただくわけですが、
本日の手続きでは、ひとつだけ大きな誤算がありました。

それがソフトバンクのMNP転出手続きです。

その方との計画は、

1.ソフトバンクショップでMNP転出手続きをして、MNP予約番号を取得する。

2.ヨドバシカメラで手続きを行う。

3~

という流れをさらっと説明していたのですが、ソフトバンクからの引き留めの営業が、そうとうしつこかったそうです。

「聞いてもいないプランを勧めてきて、なんとかしてソフトバンクに留まらせよう」としてきたとの事です。

しかも、

ソフトバンクのお店にいるにも関わらず
カウンターでMNP転出手続きを行ってくれないのです。

お店の中にいるのに、店内からMNP転出専用ダイヤルにかけて手続きさせるのです。

「イヤイヤ、カウンターのお姉さん。
目の前にある端末は何に使ってるんすか?」

と突っ込みたくなってしまいますよね^^

もう一度、言いますが、クライアントはソフトバンクのショップの中にいました。

おそらく、解約に関する窓口を一本化させて、電話越しに様々な営業アプローチをかけて、なんとか流出をやめさせる狙いがあるのだと思います。専用ダイヤルで電話応対する人は、ただ単にMNP転出電話を受け付けるお姉さんではなくて、「なんとか契約を続けさせるための様々な営業アプローチをする」専門部隊なんだと思います。

つまりこういう断り文句を言って来たら、このように答えて~
こっちだったらこう~というように

一般のカウンター業務のスタッフよりも
引き留める営業を心得ている人たちなんだと思います。

もちろん、ソフトバンクショップが混んでいるからという理由もあるかと思いますが….

ソフトバンクからMNP転出をお考えの方は、ショップでの手続きは避けた方がよさそうですね。

今回の出来事をふまえて考えると、インターネットから機械的にMNP手続きを行う方法を選んだ方がいいと思います。

もし、ソフトバンクショップなどへ行く際は、必ず契約をしないという強い意志をもっていってくださいね。

あなたに様々な営業アプローチをかけてきます。

やたらと、「今だから~」や「本日限り」という言葉で、あなたとの継続手続きを勧めてくるはずです。

その時、しっかりと断ることができるのか?それとも、一時安くなる「まやかし」にはまるかで、あなたのスマホの維持費に大きく影響してきます。

大きくお得感をうたっている裏には、必ず注意しなければいけない事項があります。僕の場合は、何かを勧められた時は、この小さな文字で書かれている部分を集中的にツッコんでいきます。携帯ショップのスタッフは、ほとんど派遣社員で成り立っていますので、基本的な研修を受けただけの人も多いです。

このようなスタッフが営業アプローチをかけてくると、大体、私から二・三の質問をすると、引き下がってしまいます。おそらくあまりにも細かい所、聞かれたくない部分をこれでもかと突っ込んでくるので、「契約につなげるのは無理だ」と認識するのだと思います。

やはり何かと契約を結ぶというのは、それくらい知識と知識がぶつかりあう戦争なんだと思います。相手は、あなたの印鑑をもらえば、強力な「契約」により縛り付けることができます。

侍が戦に臨むときに刀を持っていくように、私たちも「契約行為」に対して、周到な準備を行い、場合によっては、相手の営業アプローチを突っぱねる「知識武装」を行う必要があります。

ねぎを背負ったカモとならないためにも、事前にしっかりと趣味レーションすることが大切ですね。

私のスマホ削減サービスをご利用ください。

今日もありがとう!


---PR---

FavoriteLoading記事を登録
▼記事一覧follow us in feedly