このエントリーをはてなブックマークに追加

アンドロイドデバイスマネージャーで端末を探す・ロック・消去する方法

mushimegane

アンドロイドスマホをユーザーは、スマホを落とした場合の対処方法をご存知でしょうか?最近のスマホには、たくさんの個人情報が入っているので、昔よりも「万が一」のことを考えておくことが大切です。本日は、アンドロイドスマホを持っている人が、パソコンを使った遠隔操作で、スマホを探す・ロックする・内部情報を削除する方法を紹介します。

なお、iPhoneを使っている人は、iPhoneを紛失した場合の緊急手順を参考にしてほしいです。

---PR---


パソコンで遠隔操作する

何らかの原因によりスマホを紛失してしまった場合は、なるべく早く対策を打つことが大切です。特に普段、ロック機能などを施していない人は、ほぼ丸ごとスマホの情報を抜き取られることを覚悟しておく必要があります。例えば、あなたの個人的な写真などを大量に抜き取り、出会い系サイトなどのプロフィール画像に流用することも可能です。

少し前に話題になったIS日本人人質事件の犯人をコラージュしたり、元兵庫県議員の野々村議員を面白おかしく加工することなどは、いとも簡単にしていた事実を認識しておく必要があります。あなたのスマホから抜き取った写真をどのように加工することもできるといえいます。そのほか、アドレス帳を抜き取ったり、フォームの入力履歴から、あなたの趣味趣向を調べ上げることもできます。

昨今のラインやフェイスブックなどは、端末のロック画面が外れている状態であれば、誰でも操作ができるので、あなたに成りすまして、あえて人に危害を加えるような暴言を浴びせるかもしれません。その他、メールアプリなどもそのまま確認ができるので、メールの内容を見たり、もちろん見るだけではなくて、あなたのアカウントからメールを送信することもできます。

また、iPhoneでいうと、iOSいくつか以降からは、個人情報を「キーチェーン」で保存する機能が出ています。キーチェーン機能は、例えば、ログイン画面などでIDとパスワードを入力する必要がある場合に、特に何も入力することなく、過去にログインした情報が自動的にフォームの中に入力される機能のことを言います。これによりクレジットカードや各種パスワードの入力を省ける反面、スマホを拾われた際のリスクが増しているともいえます。

これらのことから、やはりスマホにはロックをかけておくことを基本として、万が一、スマホを紛失してしまった場合は、なるべく早く何らかの対策を講じる必要があります。たとえ、ロックがかかっていたとしても、ロックを破る技術がないわけではないと思います。最悪、端末内の情報を遠隔ですべて削除することも検討しておきましょう!

アンドロイドスマホを遠隔で操作する方法

アンドロイドスマホは、グーグルアカウントと紐づけされています。
まずは自分が、どのグーグルアカウントを利用しているかを確認しておきます。

例: @gmail.com

次に、パソコンからアンドロイドデバイスマネージャーにアクセスします。

端末に関連付けしているグーグルアカウントでログインします。もし、同一のパソコンなどで、他のグーグルアカウントなどを使ったことがある場合は、違うアカウント情報が表示されているはずです。その場合は、ブラウザのモードをシークレットモード(クローム)や、プライベートブラウズモード(エッジ、インターネットエクスプローラー)に切り替えてからログインを試みます。

google-android (1)

google-android (2)

このデバイスマネージャーでは、以下の三つの操作ができます。

google-android (3)

着信音を鳴らす:
スマホに着信音をならせます。使い方としては、例えば、家の中のどこかにあるけれど、場所がわからない場合に使えそうです。まぁ、これはスマホに電話をすればいいともいえます。

ロックする:
ここから先の作業がデバイスマネージャーならではの操作です。これは、ロックなどをかけていなかった人が、遠隔で端末にロックをかけられると同時に、スマホの画面に任意のメッセージと、連絡先電話番号を表示できる機能です。ですから、もし、元々ロックをかけていた人であっても、このメッセージと電話番号の表示機能を使うために、新しく遠隔ロックをかけてもいいと思います。

スマホが見つかって、このロックを解除する場合は、
設定>>ロックスクリーン>>画面のロック>>なしの順で行います。

消去する:
もうスマホが戻ってこないと思った場合は、潔くあきらめて被害を最小限に抑えるようにします。つまり、スマホの中のデーターを遠隔で全消去してしまい被害がスマホの本体だけになるようにします。

スマホをロックする手順

先ほどの上の図の中にある「ロックする」を押すと、以下の画面が表示されます。

ここにパスワードを設定したり、任意のメッセージを端末に表示する設定を行えます。
ここで設定したパスワードは、絶対に忘れないようにします。

google-android (6)

任意のメッセージと電話番号を設定すると、スマホにはこのように表示されます。
もし、このスマホを拾った第三者が”良い人”であれば、指定した電話番号に電話をしてくれるはずです。

写真 2016-03-13 10 07 19

デバイスマネージャーの端末位置は、あてにしない方が良い。

デバイスマネージャーにログインすると、おまけ程度に端末の位置を特定することができます。正直、こんな精度では、あってもなくても変わらないといえますが、おおよその位置を調べるくらいなら使えそうです。

ちなみに、この位置の特定機能は、iPhoneが圧勝ですね。iPhoneの場合は、遠隔でも数メートル、多くても10メートル以内まで特定が可能です。

google-android (4)

早速、>>アンドロイドデバイスマネージャーを使ってみる。

Masa.Masa.

まとめ
この記事を読んだら実践をしてみます。
記事を読んだだけでは、決して理解していません。

理解しているように”思い込んでいる”だけです。
愚直に実践をすることが大切だと思いますよ^^


---PR---

FavoriteLoading記事を登録
▼記事一覧follow us in feedly