このエントリーをはてなブックマークに追加

食品衛生法違反物を把握するサイト

shokuhin

食品偽装、異物混入など、私たちが口にする物が危険にさらされています。この数年間で考えただけでも、数々の食品問題が浮上しましたよね。

しかし、のど元を過ぎれば~というように、一時、大きな問題になったことが、いつの間にか忘れ去られてしまう怖い世の中でもあります。

本当にこれでいいのでしょうか?

少し考えただけでも….

マクドナルドの問題

汚染米の流用問題、

名の知れたホテルの食品の表示偽装問題、

などが浮かんできますよね..トホホ

---PR---


口に入れる物に対して監視する疑う目

私を含めて多くの人は、
口に入れる物に疑いの目を持たなすぎだと思います。

とある国では、現地の物が信用できなくて、
農薬を洗い落とす洗剤まで存在しているようです。

これは、
野菜には大量の農薬が使われている事が前提になっていて、
つまり、野菜を危険な物として認識した上での行動です。

ここまでするのも、
いえ、しなければいけないのは、
なんだかさみしい気がするのですが、

口に入れる物に対して疑いの目を持つ姿勢は
見習わなければいけませんね。

食品衛生法違反品を把握

疑いの目を持つにあたり、とても力になるサイトがあります。
それは、食品衛生法違反の回収情報です。

これは、輸入食品など、食品に該当する物に何かしらの違反が発見された時に発表される物です。

例えば、輸入食品の場合、輸入時の通関をする際に、
一定の割合で食品の検査を受けます。

この時に何かしらの問題があった物に関しては、輸入許可がされずに、こちらの食品衛生法違反の回収情報に発表されます。

これによって、問題がある輸入食品を未然にブロックしようという事です。しかし、実はこの仕組みにも大きな問題を抱えていて、それについては、輸入検査の問題点で公開しています。

もちろん輸入食品だけではなく、国内で製造・販売された食品回収情報もこちらのサイトで発表されます。

輸入食品・国内食品を問わず、私達、消費者は、何か問題が起きてからの事後的な情報を入手する場合が多いです。

多くの方が情報を知る方法としては、テレビ、ラジオ、新聞などの主要メディアになってしまいますので、どうしてもある一定の問題になってから認識をしてしまう事が多くなります。

このような状況では、危険な物をなるべく口に入れないようにすることがなかなか難しくなってしまいますよね。

このような弱い立場にあたる私たちができることは、積極的に情報を入手していくことです。テレビや新聞から伝えられる情報だけではなく、自分から情報を取りに行く姿勢が大切です。

その一つの方法が、
厚生省のサイト内にある食品衛生法違反の回収情報です。

このサイトでは、
どんな食品からどんな問題成分が検出されて、
それがどのような取り扱いになっているのか。

などの情報がたくさん掲載されています。
食品企業でしたら隠したくなるような情報ばかりです。

つまり、ここをチェックするようにすれば、危険な食品を口にする可能性がぐっと低くなります。

「自分から情報を取得する」
→これが自分の身は自分で守る事につながります。

それじゃ、早速、食品衛生法違反の回収情報をチェックしましょう!

今日もありがとうです。
バイチャ(^^)/


---PR---

FavoriteLoading記事を登録
▼記事一覧follow us in feedly