このエントリーをはてなブックマークに追加

iPadやiPhoneを操作している途中に突然表示

キーボード

iPadなどを操作していると突然、セキュリティ質問を聞かれる時があります。これは、アップルidを作成時に設定をした、三つの回答と答えの事です。この認証が抜き打ちテストのように突然表示されることがあります。特に新規にアップルidを作成して、そのIDから初めて有料のコンテンツ(アプリ、音楽、映画など)を購入するときに聞かれる可能性が高いです。

使い慣れて数ヶ月経った頃、有料の物を購入しようとした矢先に表示されますから、パニックになる方が多いと思います。というか、このセキュリティ質問の存在すら完全に忘れている方もいらっしゃるのでは?

今日は、アップルIDを管理する上で、とても大切なセキュリティの質問を忘れてしまった場合の対処方法を紹介します。

---PR---


■セキュリティ質問の例:

質問:
生まれた町は?

答え
●●市

このように質問と答えを自分で設定します。注意したいのは、答えの部分の文字種類です。漢字、ひらがな、カタカナなどを別々に判断されます。例えば、横浜と設定した場合は、よこはま、ヨコハマ、でもダメです。漢字の横浜のみが有効回答となります。

レスキューメールを設定していない場合

今回のように三つのセキュリティ質問を忘れてしまった場合であっても、アップルIDに設定したあるレスキューメールを使えば、簡単に解決します。しかし、そもそもセキュリティ質問を忘れてしまうくらいですから、おそらくレスキューメールは設定されていないのではないかと思います。したがって、この先は、セキュリティ質問を忘れた+レスキューメールを設定しいない前提の対処方法を紹介します。

レスキューメールを設定していない場合、自力で復活させることは不可能

レスキューメールを設定していない場合、自力で問題を解決することはできません。アップルのカスタマーサポートへ電話で問い合わせを行います。アップルのカスタマーサポートは、とても素晴らしいサービスで、おススメは、サポート電話を受けたい時間に電話をしてもらえるサポート予約です。これでしたら、昼休みなどの短い時間であっても、予定通りアップルのカスタマーセンターとやり取りができます。

カスターサポートを受けるに当たり準備しておくといい物

  • マイアップルIDという画面にサインインをしておきます。(パソコン)
  • iPadの設定アプリ>>一般>>情報>>MEID番号をメモしておきます。

これでスムーズなサポートを受ける準備は完了です。
あとは、アップルのオペレーターの指示通りに操作をお願いします。

今日の用語

・レスキューメール
アップルID関係でトラブルが起きてしまった場合に、救出することができるメールの事。このメールは、あらかじめマイアップルIDから設定を行っておきます。

・マイアップルID
アップルIDの管理をブラウザ上で行うことができる場所。この中の一つの項目として、レスキューメールの設定がある。

・MEID
すべてのアップル製品につけられた固有のIDを示します。アップルカスターサポートは、この番号により、持ち主の使用状況などを判断している。

まとめ

  • アップルIDには、あらかじめレスキューメールを設定しておくべき。
  • セキュリティ質問は、レスキューメールから自力で解決可能
  • レスキューメールを設定していなければ、サポートへの電話が必要
  • アップルID、パスワード、MEIDを用意しておくと、スムーズな話ができる。

---PR---

FavoriteLoading記事を登録
▼記事一覧follow us in feedly