このエントリーをはてなブックマークに追加

シークレットウィンドウで開くと便利なこと

パソコンでの使用のお話です。グーグルクロームなどのインターネット閲覧ソフトを使う時に、シークレットウィンドウで開くと、色々と便利なことがあります。今日は、その便利なシーンを5つ紹介します。

---PR---


シークレットウィンドウとはなにか?

シークレットウィンドウは、主に誰かとパソコンを共有している時に役に立ちます。検索サイトで、どんなキーワードで検索をしていたか、どんなサイトを見ていたかなどは、インターネットに少し詳しければ誰でも見ることができてしまいます。最近では、閲覧履歴があるということがだいぶ浸透してきましたので、閲覧したら消すという事を一回、一回行っている方もいらっしゃるようです。ただ、この方法ですと、面倒ですよね?

そういう時に活用するのがシークレットウィンドウです。シークレットウィンドウという名称は、グーグルクロームというソフトでの名前で、インターネットエクスプローラーでは、インプライベートブラウズという名前で存在しています。それで、誰にも知られずにインターネットを行いたい時にこれらのモードにしてから行うと、モード切り替え後の情報が全て保存されずにネット利用を行うことができます。

具体的に言いますと、

・どんなキーワードで検索をしていたのか?
・どんなページを見ていたのかなどの閲覧履歴
・クッキー

これらの情報が、シークレットウィンドウ切り替え後ですと、一切保存されません。
つまりブラウザを閉じたら終了という事で、後から閲覧履歴を消す等の作業も不要になります。

とても便利な機能ですよ。

シークレットウィンドウに切り替える方法

切り替える方法は二種類を紹介しておきます。

ネット閲覧にグーグルクロームを使っている場合は、

画面の右上にある三本線のアイコンを押した後に、シークレットウィンドウを開くを選択します。
開いたウィンドウ上で行った情報は一切保存されません。

秘密 (2)

インターネットエクスプローラーの場合は、

右上の歯車のマーク>>セーフティ>>in Private ブラウズ

秘密 (1)

シークレットウィンドウを活用すると良い場面

それでは、シークレットウィンドウの設定方法がわかった所で、実際にどのような画面で役立ちそうなのかを紹介します。

ケース1・家族間でアカウントを使い分けずに一つのパソコンを使用している時

アカウントを使い分けずにパソコンを利用していないのは少ないと思いますが、こういう時にもシークレットウィンドウに切り替えるといいです。

ケース2・友人のパソコンを一時的に使わせてもらっている時

例えば、友人の家に遊びに行った時に、インターネットで調べ物などをしたいとします。
この時にシークレットウィンドウに設定してから行うと、友人にネット上の操作を知られません。

ケース3・ネットカフェなどでインターネットを楽しむ場合

基本的にネットカフェで何かにログインをしたり、個人情報を出すことには賛成できません。ただし、どうしてもという時には、必ずシークレットウィンドウに切り替えてから行います。

まとめ

誰かと共有しているパソコンや他人のパソコンを一時的に使用する場合などは、ネット上の行動を知られない為にシークレットウィンドウに切り替えてから行うことをおススメします。まぁ世の男性にお伝えをしますが、そういうムフフなサイトを見る時にも有効です。奥さんに不快を与える前に自分だけで楽しむようにしましょう。検索フォームに入れた文字の履歴なども出てきます。色々と気をつけましょう^^

かんたんマートtopかんたんマート
デジタルデバイド解消を目指すIT系情報サイトです。iPhone、タブレット、アプリ、PC、Webサービスの活用方法などを中心に紹介しています...

---PR---

FavoriteLoading記事を登録
▼記事一覧follow us in feedly