このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコンのパフォーマンスを最大限にする

パソコンの動作が重くてイライラとする事があります。
特に仕事で使う時は、パソコンの速度=作業の効率性に直結しますよね。

だからといって、遅くなったら、すぐにパソコンを買いなおすのも考え物です。

今日は、パソコンを買いなおす前に試した方が良い設定を紹介します。
とっても単純な設定ですから、ぜひお試しください。

実は本気を出していないパソコン君

パソコンを購入して、特に設定しないまま使っていると、
パソコンに備わっている最大級の力を使って、動作させていません。

え?まだ余力があったのかよ!と驚かれるかもしれませんが、
初期状態で使っている人は、余力がある状態でパソコンを使用している場合が多いです。

パソコンが遅くなってしまう原因は、いくつかありますが、
そのうちの一つが、パソコンの力を最大にしていない事があげられます。

スタートアップ(起動時)の時間が長ければ、
パソコン起動時に一緒に起動されるように設定されているソフトを起動しないようにしたり、

メモリを増設したり、ハードディスクをキレイにしたり、色々な快適化の道がありますが、
このパソコンの機能を最大限に使うように設定するのは、誰でもできる簡単な方法になります。

設定箇所は、パソコンの電源プラン

それでは、設定手順です。windowsによって多少の違いがありますが、ここではWindows8の操作方法を紹介します。

コントロールパネルを押してから…

電源プラン (1)

電源プランの画面が表示されます。
この中の高パフォーマンスモードにチェックを入れます。

もし、高パフォーマンスモードが表示されない場合は、
緑枠の追加プランの表示を押します。

電源プラン (2)

このように高パフォーマンスモードに切り替えると、
パソコンの機能を最大限活用するようになりますから、

全体的に動作が早くなる可能性があります。

デメリットとしては、パフォーマンスを優先する分だけ、
電力の消費が上がるという点ですね。

まぁ、これはノートパソコンなどを使って、
外出先で利用している人が頭に入れておくと良いことです。

AC電源でつなげて利用している人は、
電力なんて関係なしに、ガンガン高パフォーマンスモードにしましょう!

その方が、皆さんのストレスが、
ぐんぐんと上がらないと思いますし。

まとめ

パソコンを快適化するには、いくつかの方法がありますが、
今回の内容は誰でもできる簡単な物です。

ぜひ、お試しくださいね。


---PR---

FavoriteLoading記事を登録
▼記事一覧follow us in feedly