このエントリーをはてなブックマークに追加

海外のおともにスマホが必須になる時代が来るかも!?いや、もうきてるな…

アメリカ

海外旅行時に最も気になるのが言葉の問題です。何をするにも英語が必須になるので、HISやJTBなどの「おんぶにだっこツアー」以外の人は、この言葉の壁をどのように攻略するかによって、旅の楽しみ方、価値が変わってくるといえます。そうそう、私の場合、海外旅行というと、先進諸国というより、どうしても発展途上国に行くことが多いです。

やはり似たような先進国よりも、まだまだ未開発で、活気がある国に行く方が、自分的にも得られるもの、感じられるものも多いと思いますし、ビジネス的にもチャンスがそこら中に転がっています。
閉塞感が漂う日本にいるのも良いとは思いますが、たまには、タイなどにぱ~と旅行に出かけて、真っ昼間からタイガービールを片手にグイグイやるのもいいと思いますよ^^

そう思いませんか?

おっと、話が少し脱線してしまいました。
今回は、スマホを使って、外国人と会話するアプリ・ボイストラを紹介します。

---PR---


ボイストラのこんな所が魅力

ボイストラは、外国人との会話の中で”スマホを仲介”することによって、
日本語 ← → 外国語の双方向に音声翻訳ができます。

手書きではありません。音声翻訳ができます。

具体的に説明するために、Aさん(日本人)とBさん(アメリカ人)を例にしてみます。

Aさんが、海外のとある場所で、英語で伝えられなくて困っています。
その時、Bさんが目の前を通りがかりました。

Aさん、「え、え、えくすきゅーずみー」

Bさん、「??」

Aさん、「Ann…May I …..わかんね~」

Aさんの英語はBさんになかなか伝わりません。

そこで、Aさんは、スマホを取り出して、ボイストラアプリを立ち上げます。

ボイストラアプリのマイク部分を長押しして、日本語で伝えたいことを言います。
なるべくはっきり、難しい言い回しをのぞいて、かんたんに話します。

VoiceTra (3)

Aさんの日本語を受信したスマホ(ボイストラ)は、
日本語から英語に自動的に訳された後に、英語で発声します。
スマホから英語が流れるんですね~

この英語をBさんに聞かせます。

次に、ボイストラの翻訳モードを切り替えて、英語から日本語に訳すモードにします。
画面の下の所を左右にフリックすると、かんたんにきりかえられます。

VoiceTra (1)

これでBさんの英語が、ボイストラを通して日本語に変換されます。

このようにボイストラを間に挟むことによって、かんたんな会話であれば、よゆうでやりとりできます。
大の英語嫌いのあなたであっても、ボイストラが強力にアシストしてくれるんですね。

ボイストラの良いとこ

こういう音声認識系の機能は、性能がイマイチの場合が多いですが、
ボイストラは、音声認識力と翻訳力は予想外に良いのに驚きます。

また、メジャーな英語のほか、中国語、タイ語、フランス語など、かなりの外国語に対応しています。

VoiceTra (2)

*緑枠の四角の中にある×は、音声出力に未対応を表しています。

ボイストラよ、ここが不満だぜ。

無料で使えるアプリであること、
音声認識力と翻訳力が高いこと。

これだけで十分に使えるアプリに仕上がっていると思います。
しかし、一つだけ致命的な欠点があります。

それがオフライン不可です。

ごろすけごろすけ

オフライン不可=現地のケイタイネットワークを何らかの方法で調達しなければいけないこと

いや~海外でオフライン不可は、きついな~
現地の格安シムを購入して使うこともできると思いますけど、
そんな高等な使い方を何人の人ができるのかな?と疑問に感じます。

海外旅行時に日本と国際ローミングしないように、スマホをWi-Fi端末のように使っている人が多いと思いますし、そもそも現地シムを買える度胸があったら、このような翻訳アプリも不要なのかなと思ったりします。

本当に海外旅行初心者のためのアプリとして認知されるには、翻訳に通信回線を使用しないオフライン化が必要だと思います。アプリ自体はかなり良い物に仕上がっていると思うので、この部分だけを何とか解決してくれると嬉しいですね。

■関連記事:海外旅行時に高額な請求をされないためのiPhone設定術

ボイストラのダウンロードはこちら

for iOS ダウンロード

for アンドロイド ダウンロード

今日も最後まで読んでくれてありがとう。


---PR---

FavoriteLoading記事を登録
▼記事一覧follow us in feedly