このエントリーをはてなブックマークに追加

ケツが青い若者から言わせてもらおう。

NAYAMI

消費税の増税、各種社会保険料金の値上げ、控除額の減額による実質的な値上げは、私たちの生活を苦しめます。

以前、長野県のとある村のばあちゃまから聞いたお話です。

「政府はいつも信用ができない」

「だから自分の身は自分で守るしかないんだ!」とね。

---PR---


あなたは、給料所得以外で「一円」を稼げますか?

僕は人に会うと、いつも決まった質問を受けます。

「どうやって稼いでいるの?」

これを説明をするだけ面倒ですし、給与所得以外で「一円」を稼いだことがある人でないと、僕のやっていることは、理解できないと思います。だからこそ、根掘り葉掘り聞いてくる人は苦手です。

人のことを気にする前に、自分を見直しましょうって思うわけです。

Masa.Masa.

今年の六月くらいに東京周辺でちょっとしたオフ会をしたいと思っています。そのような場で、私に上記のような質問をぶつけないことを願っております。

話を本題に戻して、もう一度、お聞きします。

給与所得以外で「一円」を稼いだことはありますか?給与所得とは、自分の時間を差し出すかわりに、会社や団体などから「お金」を頂く事です。

長野のおばあちゃんなのですが、その人は、愛知県の豊橋市が空襲を受けた時から、ずっと自分で商売をしてきた人です。

終戦の貧しい時代を耐えて、自分で一円を稼ぐ仕組みを考えました。
政府を頼るのではなくて、自分を信じて、歩み続けたそうですよ。

このような時代を生き抜いてきたからこそ、様々な言葉から重みを感じます。

この方は、政府はあてにならないという言葉を言っているように、
年金は、もらえないことを前提に将来設計をしてきたそうです。

そのため、仮に今すぐ年金が打ち切りになったとしても、平気とは言いませんが、なんとかやっていけると言っていました。

私は、このように年金をもらっている人や、これからもらいそうな人とお話をする機会が多いのですが、

そういう人たちが共通して言う事は、「年金が少なくて困る」ということ。

これは口をそろえて言いますね。
給料が安い~とか、旦那の年金だけは~とかです。

正直、ちょっと聞き飽きました笑

このような人たちに対していつも思うことは、「どのようにすれば、収入の口を増やせるのか考えたことはないのですか?」ということです。

別にアルバイトやパートをすればいいだけですし、もし、年齢的に雇ってもらえないなら、自分で稼ぐように努力をすればいいだけだと思います。

こんなにもインターネットが発達して、自分で情報発信をすることもできるような時代ですよ。頭が悪い私でもできるわけですから、みなさんも簡単にできるはずです。

タブレット端末やスマートホンなどを使えば、自分がどこにいても情報を確認して、遠隔で指示を出すこともできます。

外国にいながら日本に向けて小ビジネスもできるわけですし、その逆もできます。

そこまで大がかりなことはできないというなら、フリマアプリなど使って、山に生えている物、ご当地の物、スーパーなどの流通にのせられない貴重な物、使っていない不用品などを換金化することもできます。もうかなり昔のことなのですが、ごみのような空き缶(年代物)をオークションで、一缶3000円ほどで販売したこともあります。自分がゴミだと思うものが、案外必要としている人がいたりします。

メルカリなんかは、初心者向けに設計されていて、とても簡単ですよ。

本格的にうまくいってきたらカラーミーショップなどのサービスを使えば、月々980円ほどで、自分だけのネットショップを簡単に運営することもできます。*個人的な見解として、○天市○などは、契約されない方がいいかと思います。

パソコン音痴、ネットに弱い~など、できない理由、やらない理由を探すのは簡単です。

忙しい、忙しいというわりには、毎日、何時間も無駄な娯楽番組を見ていたり、毎週、毎週、どこかへ外出していたりします。ランチや、飲み会、お茶会など、収入という面で非生産的な活動を繰り返している人が多いと思います。

そういう人に限って、政府が悪い~、給料が安い、年金が少ない~と不平不満ばかり言います。

あなたは、いかがですか?

不平不満ばかりを言わず、
自分ができる範囲の中で「一円を稼げる」ようになってみませんか?

それを実現するツールはいくらでもあります。

*ご注意:
今、述べたのは、すべて収入が少ないという悩みにフォーカスした意見です。
ですから、娯楽を楽しむことを否定するつもりは一切ありません。

僕も旅行が大好きですから^^

メルカリ for iOS

メルカリ for アンドロイド

 


---PR---

FavoriteLoading記事を登録
▼記事一覧follow us in feedly