このエントリーをはてなブックマークに追加

年賀状作成から解放される日

NENGAJYOU (1)

毎年作成しなければいけない年賀状って大変ですね。
今日は、これこそIT活用と言えるような画期的な年賀状作成方法をお伝えします。

この方法だと、毎年、高額な年賀状作成ソフトを購入する必要もなくなりますし、貴重な時間を無駄にすることもなくなります。パソコン教室に通って、ワードソフトで年賀状作成をする必要もなくなります。

前回お知らせをしたこの機能も使ってくださいね^^

NENGAJYOU (1)かんたんマート
デジタルデバイド解消を目指すIT系情報サイトです。iPhone、タブレット、アプリ、PC、Webサービスの活用方法などを中心に紹介しています...

---PR---


業者刷りと自分刷り、そして第三の新しい方法

業者に頼むと、それなりの料金が取られます。
かと言って自分で印刷するとなると、紙やインクの調達だけで一苦労です。

印刷ミスなども発生して、何枚ものはがきを無駄にしてしまいます。はがきについては、書き損じとして引き取ってもらえますが、プリンターのインクは別です。

最近の年賀状は、カラー写真がたくさん使われている物が多いので恐ろしい勢いでインクが減少していきます。

インク代と言っても見逃すことはできませんよ。
知らない方もいらっしゃるかもしれませんが、
プリンターのインクは数千円するというのが普通です。

それにさらによく考えると、年賀状を印刷するだけで、
膨大な時間が過ぎているのもわかります。

何が言いたいのかと言いますと、私たちの人生は、有限ですから、何でも自分でやる事が最善であるという考え方は良くないと思います。

結局、素人がやっても中途半端な物ができあがるだけですし、
年賀状を出す意味をしっかりと見失わない事が大切です。

もちろん、年賀状に気持ちを込めたいのはわかります。
私も同感です。

しかし、全て自分で作る必要がある事につながりません。

今回、紹介する「プロに全てお任せ、年賀状作成法」は、
必要な作業をiPad、スマホ、パソコン上で終えたら、

あとは、はがきが届くのを待つだけです。
この方法は、自分で印刷する必要はありません。

半分だけ印刷されているものではなく、
表の宛名部分を含めて全て印刷されています。

しかも、宛名部分の印刷は、無料です。

もし、気持ちを込めたいのであれば、
届いた物に加筆することも可能ですよ^^

・インクを無駄にしたくない人

・イライラと何度も印刷作業をしないといけない人

・あと1mmの印刷調整に何度もミスをしている人

こういう方は、ぜひ利用されると良いと思います。

唯一のハードルは、宛先の登録作業

最初に宛先登録が必要になりますが、
それは一回だけの作業です。

あとは、その情報をず~と使いまわすことができます。
何年もです。

宛名情報が登録されていれば、ほんの15分ほどで、
今年の年賀状の発注はお~わりという事になります。

数百枚になろうとも所要時間は変わりません。
(宛名情報が登録されている場合)

さて、そろそろ説明をしていきますね。

全ての説明の前に注意事項が三つほどあります。
たぶん、これが今回の作業の落とし穴になるかと思います。

1.注文が完了するまで左上に表示される家のマークを押さない事。押すと、最初の注文画面に飛ばされてしまいます。

2.アプリの左隅や右隅に表示されるボタン(>)が、次の画面へ移る物です。わからなくなったら焦らずに画面の隅々を確認してみましょう!

3.注文できる最低枚数は、10枚。以降一枚刻みです。
9枚とか選択していると、いつまでの発注ができませんよ

全体の流れ

パソコン、iPadどちらもok。
今回は、全てiPadで行う方法を説明します。

1.はがきのテンプレートを選択します。

2.プレビュー表示されいるはがきに、自分の写真や言葉、
差出人情報をパズルのようにあてはめていきます。

3.印刷品質の選択をします。
料金と出来上がり具合を検討しましょう。

4.差出人に関する情報を編集しましょう。

5.宛先情報を入力します。
作成した宛先情報は、この先ずっと使い廻しができます。

6.新規会員登録をします。

7.支払方法を選択します。
クレジットカート、コンビニ、代引きを選択できます。

あとは、工場から完成品が送られてくるのを待つだけです。

ネットプリントジャパンの特徴

  • 年賀状、喪中はがきなど、時のお便りの印刷ができます。
  • 操作方法がとても簡単
  • 宛名印刷まで行ってくれる
  • 注文をしたら、出来上がるのを待つだけ。
  • パソコンやiPadなど様々な端末から操作可能。
  • 住所情報(宛名情報)は、ネットプリントジャパンのサーバーに保管される。

具体的な手順

今回は、iPadアプリをダウンロードした上での説明を行います。間違えてほしくないのですが、今回の注文における会員情報(メールアドレスとパスワード)を使って、パソコンなどその他の端末でも操作ができます。また、宛名印刷に必要な宛先情報(住所録)は、会員情報に紐づけされて保存される仕組みです。つまりどんな端末からでも、送りたいなと思った時に送る事ができます。

iPadアプリと言いましたが、正しくはiPhoneアプリです。このアプリはユニバーサルアプリではないので、iPhoneアプリを引き延ばして使う事になります。そのため、どことなく画像が荒く見えますが、それは端末上で確認をしているためです。実際に届くはがきはしっかりとキレイに印刷されています。

下の画面で年賀状や喪中はがきを選びます。そうなんです。実は、このアプリを使って様々なお知らせを送る事ができるんです。しかも連絡先情報は、会員情報に登録されているので、年賀状で使った連絡先情報を喪中はがきに使う事もできます。また、連絡先情報は、来年もそのまま使う事ができます。

NENGAJYOU (2)

このように好きなテンプレートを選んでくださいね。どんなにカラーリングされていても料金は同じですから、自分の好きなタイプを選びましょう、ただ、完全に真っ白な物から作成する事ができませんのでご注意くださいね。画面を下の方へグイグイと移動しましょう。次々と新しいテンプレートが読み込まれています。気に入った物を選んで、画面下にあるこのデザインで作成ボタンを押しましょう。

NENGAJYOU (3)

このボタンを押すんですよ~

NENGAJYOU (4)

どんな印刷品質で印刷しますか?という画面です。
120円、75円、50円の三タイプがあります。まぁ、ここはあまりこだわらずに50円で良いと思います。この料金は、はがきに対する印刷料金を示しています。ですから、これとは別にハガキ代がかかるという事です。

NENGAJYOU (5)

早速、テンプレートを埋めていきましょう!これはあるテンプレートを選択したのですが、そこに合計で五つの入力エリアがあります。まず写真が三枚ですね。そして、左下には差出人情報、右下には、あいさつ文などを入力していきます。つまり、この空欄部分に必要な写真や情報を当てはめていくという方法になります。

NENGAJYOU (6)

画面下にあるこの部分に注目をします。緑部分は、上記の写真を拡大・縮小したり、あとは移動したりすることができます。自分が作業しやすい所で調整を行ってください。水色部分は、後ほど少しずつ操作を行っていきますが、こちらのボタンで編集作業を追加(追記)していくことになります。

NENGAJYOU (7)

ここで少し覚えておいてくださいね。注意2でも伝えたように、このように画面の端に次の画面へ行くためのボタンが表示されている場合があります。この例ですと、一つ前の画面に戻るという事ですね。よろしいですか?iPad操作の共通部分です。大きな部分に押すところがない場合は、左右にひっそりと存在します。

NENGAJYOU (8)

まずは写真を当てはめていきましょう。
年賀状アプリへ写真アプリへのアクセス権を設定します。

NENGAJYOU (9)

ここでカメラロールを選択します。

NENGAJYOU (10)

合計で三枚の写真を当てはめていくと、下の図のように写真がはまっていきます。周りのデザインは最初に決めるので、何の写真を当てはめるかによって、最初のテンプレートを考えられた方が良いかと思います。

NENGAJYOU (11)

写真が当てはめれたら、次はあいさつ文を入力します。下の画面にある緑枠を押します。

NENGAJYOU (12)

自分で一から入力していくこともできますが、画面右下にある文例候補から本文のテンプレートを出力する事ができます。

NENGAJYOU (13)

文字の種類を変えたい場合は、画面下の左にあるフォントを選びます。

NENGAJYOU (14)

完成したら右上にあるレ点を押します。

NENGAJYOU (15)

あいさつ文が入りましたね。次は差出人を埋めます。

NENGAJYOU (16)

下メニューの差出人を選択します。

NENGAJYOU (17)

差出人欄の必要事項を記入したら、右上にあるレ点を押します。

NENGAJYOU (18)

確認のプレビュー画面が表示されます。良ければ右上の矢印、修正が必要な場合は、左上にある矢印を押します。

NENGAJYOU (19)

これで写真、あいさつ文、差出人を当てはめることができました。

NENGAJYOU (20)

スタンプを押すこともできます。

NENGAJYOU (21)

すべての編集作業が終わったら、右側にある編集完了を押しましょう。

NENGAJYOU (22)

注文するボタンを押します。

NENGAJYOU (23)

さて、ここから新規ユーザー情報の登録作業に入ります。

NENGAJYOU (24)

登録事項

  • メールアドレス→これがIDになります。
  • パスワード→これも大切です
  • 性別
  • 名前
  • 名前のカナ
  • 居住形態(ここの選択で後の住所入力欄が変化)
  • ハイフンなしの郵便番号を入力して、郵便番号から入力を選択
  • 住所は自動で入力されていると思います。
  • 電話番号を入力して完了です。

 

そしてここで注意1が出てきました。
この左上にある家マークは、注文が完了するまで押してはいけません。

NENGAJYOU (25)

カートに追加してください。

NENGAJYOU (26)

宛名印刷をするので、住所録を作成します。

NENGAJYOU (27)

NENGAJYOU (28)

NENGAJYOU (29)

住所の入力項目

最初だけ宛先人の登録、いわゆる住所の登録が必要です。
パソコンなどで作成する場合は、他ソフトに入力済みの連絡リストをエクセルなどに取り込んで、一括で取り込む事などもできます。

今回はiPadですから、全て手作業で入力をしていきます。また、入力項目は必須だけでいいです。すべてを入力しようとは思わないでください。

  • 家か会社を選択
  • 郵便番号を入れて、郵便番号から入力ボタンを押します。
  • その他、会社名、部署名などは必要項目だけでいいです。
  • 氏名と敬称を選択します。
  • 最後に保存をします。

住所が登録できると、以下のようにリスト表示されます。これを繰り返して、連絡先リストを作成していきましょう。作成した連絡先リストは、緑枠の部分でレ点チェックをしてから、画面の左上にあるボタンを押します。

NENGAJYOU (30)

これで宛名印刷が一枚だけ選択されている状態になっています。ここで三つ目の注意事項です。印刷できる最小枚数は、10枚です。これ以上の枚数は1枚から選択ができます。
つまり10枚を超えるまでは、10しか受け付けられず、それ以降の数は、1枚単位で入力ができます。

9枚→× 10枚→OK 16枚→OK

NENGAJYOU (31)

注文手続き画面に進みます。
この後、決済を行って注文は完了します。

NENGAJYOU (32)

ちなみにこれが75枚を選択した場合の料金例になります。
これが高いと思うか安いと思うかは皆さん次第ですね。

僕は、時間的な意味合いや手間などを考えると、かなり安いと思います^^

NENGAJYOU (33)

よくありそうな質問

Q.画面の操作方法がわからなくなりました。
A.注意事項の1~3をご覧ください。

Q.iPadからしか注文ができないのですか?
A.スマホ、タブレット、パソコンなどインターネット端末なら何でもできます。

Q.なんか画面がデカくてきたないのですが…
A.このアプリは、iPhone用に設計されています。
iPadの場合は、引き延ばされた形になります。

ただし、注文品はしっかりとキレイに仕上がってきます。

Q.連絡先を代理で作成してもらえませんか?
A.可能です。50件作成で10000円を頂きます。
お問い合わせください。

Q.操作方法をレクチャーしていただけませんか?
A.お手元の機械がiPad、iPhone、パソコンでしたら可能です。
一度、覚えてしまえば、来年以降も操作が可能かと思います。

電話もしくはスカイプなどを用いて、一回5000円(約一時間ほど)でお受けいたします。
延長の場合は、30分につき2000円でお受けいたします。

*なお、一時間より早く終わった場合でも5000円を頂きます。
お問い合わせください。

本日ご紹介したアプリとネットサービスはこちら

50円年賀状 2016
カテゴリ: 写真/ビデオ
現在の価格: 無料

 

ネットプリントジャパン

補足:ネットプリントジャパンに連絡先を一括送信する方法

以下はパソコンからの操作方法になります。ネットプリントジャパンのサイトへ行ってください。

NENGAJYOUAPPS (1)

ログインをしてください。

NENGAJYOUAPPS (2)

ログインをすると過去のデータが表示されます。

画面下にエクセルファイルがあるので、それをダウンロードして、所定の項目を入力した後にアップロードしましょう!

NENGAJYOUAPPS (3)

 まとめ

自分がやっている事についてコスト換算をすると、決して安くない事をしている場合が多いです。その中の一つとして今回ご紹介した年賀状の印刷があります。何度も失敗をする印刷、そして無駄になるハガキ、さらに高額なインク、極めつけは自分の時間ですね。半日や一日を平気でつぶしてしまう作業ですよね。

このアプリを使えば、ほんの15分ほどで全てが完了です。
あとは、自宅で待つだけ。届いた物に一言を加えたい場合は、加筆して出すだけです。

全て発送できる状態で届けてくれるので、かな~り楽ですよ。
ちなみに私はいつもこのサービスを使っています。

もう、自分で作るとか、ちょっと無理だね~もう便利さを味わってしまっていますので。

今日も最後まで読んでくれてありがとう!
気に入ったらシェアよろしくです。

それじゃ。
バイチャ(^^)/


---PR---

FavoriteLoading記事を登録
▼記事一覧follow us in feedly