このエントリーをはてなブックマークに追加

MVNO格安シムデビューを果たした生徒さんのお話し

当ブログでも何度も紹介をしているMVNOによるスマホ活躍術ですが、本日、とある一人の生徒さんから「マイネオデビューしました」との連絡を受けましたので、これに関する自分の考え方をお伝えします。

---PR---


数百円の商品の半額引きに敏感に反応して、月数千円かかる携帯代金に鈍感な人

閉店間際のスーパーへ行くと、その日に売り切りたい商品が、何割引き~という感じで販売されています。たまたまスーパーにいくと値引きされていたというのではなく、あえてその時間帯に向かう値段に敏感な人たちもいるようです。生活に関わるような身近な物に関しては、とても敏感に反応する方が多いのですが、私たちの生活になくてはならなくなった携帯電話の料金には、まだまだ鈍感な人が多いようです。

安倍晋三首相が先陣を切って、携帯電話業界の改革を行わなければいけないほど、寡占化した業界は、大手三社のやりたい放題な状況です。深く考えることが億劫な人を狙って、複雑な料金プランを編成したり、月々の支払料金を低く見せるまやかし、二年以内に解約すると、高額な解約金をとったり、二年ごとの契約を自動的に継続契約するという超乱暴な商法がまかり通っています。

携帯大手三社によって少しずつ制度の違いがありますが、ほぼ同じような仕組みが取り入れられています。悪く言えば、全ての利用者は、携帯電話会社に飼いならされているようにも感じてしまいます。

そういう状況から一刻でも早く抜け出し、自由で柔軟性をもった携帯電話にしようとするのが、MVNOです。

本日、当ブログのMVNOの記事を参考にされて、読者であるKさんから、マイネオデビューをしたとの連絡を受けました。その方は、auと契約をされていたのですが、マイネオに変更したことにより、これから月々数千円の通信費の削減を達成されると思います。

よ~く考えて下さいね。
今の携帯代金が月々、2000円安くなるだけで、年間では24000円ですよ。うまい棒だったら、2400本も買えますし、ランチだったら24回も行くことができます。

月々の料金を抑えるって、こういうことです。な~~~んにも形に残らない電話代金に毎月、数千円ほどを支払うのは、むなしいと思いませんか?

みなさんは、まだ携帯大手三社と契約を続けられますか?

今日も最後まで読んでくれてありがとう!
気に入ったらシェアよろしくです。

それじゃ。
バイチャ(^^)/


---PR---

FavoriteLoading記事を登録
▼記事一覧follow us in feedly