このエントリーをはてなブックマークに追加

無料通話アプリのLINEがMVNOへ参入

LINE

無料トークサービスを提供しているLINEが、MVNO(格安通信事業)へ参入することが発表されました。国内ユーザー6000万人を抱える企業が、最低月額利用料金500円~破格のプランを出すようです。

携帯大手三社と既存MVNOの第二弾の戦いを始まりそう。

携帯大手の回線を曲がりして独自のサービスを展開するmvnoの勢いが止まらないようです。NTTドコモの純増数190万のうちの過半数が、MVNO関係による流入だったというデーターも出ているようです。

最近の携帯大手三社の動きをみると、通話し放題プランの月額利用料金を下げたり、契約二年以降の解約に違約金を取らない「解約自由プラン」なる物が発表されたりしています。

対するMVNO業界も、より一層の値下げの流れになっているようで、少し前まで3GB・1,600円という料金が、1500円ほどまで下降してきております。また、より利用者の目的にマッチしたサービスを考えて、独自のスマホを開発したり、市最低利用料金を1,000円ほどで利用できるようにしているフリーテルなども出てきています。

まさに通信の戦国時代にいるようです。

そんな中、新たな動きがありました。
あのLINEが、ついにMVNOに参入です。

これだけの巨大な企業がどどーんと参入をして、さらに圧倒的に安い利用金で展開をし始めたとしたら、既存のMVNO業界、さらには、携帯大手三社に大きな激震が走るのではないかと考えております。

ラインMVNOの特徴

ラインMVNOの特徴としては、月額最低500円~からの破格の料金体系。

そフェイスブックやツイッター、ラインなどのソーシャルアプリの通信量をアンリミテッド、つまり無制限で使えるようにするそうです。

発表されている月額500円というのは、データーシムプランのような気もしますので、これにいくらか+した値段が、通話付きシムとして提供されるのではないでしょうか。

MVNOの弱点である年齢認証を解消

そしてもう一つだけ大きな特徴があります。
それがラインの年齢認証です。

MVNOを利用している人ならわかりますが、ラインの年齢認証は、MVNOユーザーではできません。まぁする方法もありますが、一般的にはできないんですね。

たとえ、それがヒゲが生えたおっさんでもです。
うーん、なんかシステム的に改善しろよな~と思うわけですが…..

ただ、この年齢認証もラインのMVNOと契約をしている人は、できるようになるそうです。となると、ラインは一層、他のMVNOユーザーの年齢認証ができないように仕向けるのかな?と勘繰ってしまうのでした。

Masa.Masa.

■まとめ

大きなユーザー数を抱えるラインが参入するとなると、第二弾の値下げが始まりそうです。業界で最安値を維持するというDMMmobileさんもしっかりと対抗プランをだしてくれますよね?すごく期待していますよ^^

それにしても時代の流れが早いですね。何かに束縛されると、大きな痛手につながる世の中なんだなと実感いたします。

シムフリー端末を所有して、ある一定間隔ですぐに乗り換えられる環境にいることをありがたく思います。


---PR---

FavoriteLoading記事を登録
▼記事一覧follow us in feedly