このエントリーをはてなブックマークに追加

コンビニ初!ローソンが参入

a0002_000147

一般家庭向けの電力小売り自由化に合わせて、コンビニ大手・ローソンが参入することがわかりました。ローソンといえば、オレンジ色の狸でおなじみのポンタカードですね。ローソンが提供するサービスということですから当然……ポイントがたまるよね?

Masa.Masa.

電力は、電力会社と契約するものだという固定観念は捨てましょう!電力をコンビニと契約する日が来るかもしれませんよ。

---PR---


ローソン・異業種である電力事業に先陣をきって出発

電力は○○電力と契約をするという当たり前の時代がそろそろ終わりそうです。2016年4月から始まる個人向け電力小売りの自由化で、コンビニ業界のローソンが、電力の小売りに名乗りを上げたとの事です。

コンビニ二位のローソンが、一般家庭向け電力小売り事業への参入を検討していることが分かった。同社の筆頭株主である三菱商事が主導して共同で新たな電力会社を作る。

普段からなじみがあるコンビニが電力小売りに参入となると、電力小売り業界に本格的な競争の波が押し寄せそうです。

これだけの店舗網を抱えている企業が参入となると、電力小売り業界に与える影響が大きな物になると予想ができます。

ローソンが参入ということは、他のコンビニ各社が追従で乗り出す可能性も大きいのではないでしょうか?例えば、コンビニ業界一位のセブイレブンが乗り出すことになれば、驚異的な店舗網を利用して、様々な顧客を囲い込むことが可能になります。

電力契約で顧客化をして、他の商品販売機会を狙うというのもアリなのでは?

ローソンやセブンイレブン、どちらであっても
普段の生活の中に溶け込んでしまっている存在って強いですよね。

食料品、飲料、加工食品、アイス、お酒、たばこ。
銀行ATM、ファックスやコピーなど。

ありとあらゆることがコンビニの中だけで完結します。
これにプラスして電力契約の申し込みまでできることになります。

申し込みはネットでも可能。気になるのはポンタカードの取り扱い

ローソンと電力契約を結ぶ方法は、いくつか考えられます。

一つは、ローソンの店頭での申し込みです。
これは言うまでもないですが、全国にひろがっている店舗網で申し込みができれば便利ですよね。インターネット操作が苦手な人にも間口を広げるという意味でも有効です。

二つ目は、インターネット上での申し込みです。ネット上で手軽に契約ができて、既存の電力会社より割安な契約を行えるみたいですから、価格的なメリットが高そうです。

一番や二番の方法、どちらであっても
気になるのがポンタカードの取り扱いです。

ポン、ポン、ポンタカードでおなじみのポイントプログラムのことです。

ローソン系列、提携店舗で購入をすると、
購入金額の一定割合がポイントとして付与されるわけですが、

もし、ローソンが電力小売りを始めて、これと契約をしたとすると…

ローソンとの電力契約=ローソンの商品を購入

=ポイント付与?

という流れになると思われます。

もし、そうだとしたら、
これだけでも電力契約をローソンにするメリットがありそうです。

小売り自由化スタートまで数か月です。
皆さんも少しずつリサーチをして、

どこの会社との契約が自分にメリットが大きいのか?

をしっかりと考えられるといいと思います

今日も最後まで読んでくれてありがとう!
気に入ったらシェアよろしくです。

それじゃ。
バイチャ(^^)/


---PR---

FavoriteLoading記事を登録
▼記事一覧follow us in feedly