このエントリーをはてなブックマークに追加

活性酸素をやっつける!

k

人間は呼吸をして生きている。
生きるという作業の中に一部不要な物が発生してしまう。

それが活性酸素

今回は、この活性酸素の原因や対策方法などをお伝えします。

---PR---


呼吸をする=酸化をしている

中学校時代の理科で習ったように、人間は呼吸をして空気中の酸素をとりいれています。これを言い換えると、体が酸化しているともいえます。そんな呼吸の中、副産物として活性酸素とよばれる厄介な物まで産まれてしまいます。この活性酸素が様々な研究により、体の老化を促進したり、動脈硬化などの様々な症状の引き金になることがわかってきました。

活性酸素の原因

活性酸素の原因としては、呼吸による副産物の他に排気ガス、紫外線、加工食品のような物が原因になっているのではないかといわれています。排気ガスといえば、日本で暮らす中では避けることが難しいですね。

今から数十年前には、三重県四日市市で「四日市喘息」という公害が発生したように、空気中に漂う物質は体にとって様々な悪影響を及ぼすと予想ができます。活性酸素の原因の一つとして、車の排気ガスであるといわれています。

また、これと同じように加工食品もなかなか避けることが難しいです。コンビ二やスーパーで販売されている商品は、加工食品ばかりです。また、現代の忙しいライフスタイルの中では、時間短縮をする為に、体に悪いと知っていながらも食べてしまう現実がありますね。

排気ガス、加工食品共に、あまりにも生活の中に溶け込んでしまっているため、なかなかきっぱりと防ぐことができません。

では、あきらめなければいけないのでしょうか?

抗酸化物質が活性酸素をやっつけてくれる。

どんなアニメにもヒーローと悪役がいるように、活性酸素が悪役だとすると、抗酸化物質というヒーローがいます。君がいてくれて助かったと言いたい程、頼もしい存在です。

抗酸化物質は、字のごとく、酸化することに対抗する物質の事をいいます。

つまり、活性酸素をやっつけてくれるスーパーヒーローです。上記でも述べたとおり、活性酸素の原因を取り除くのは、なかなか大変です。原因を取り除くのが難しいのなら、体内の活性酸素をやっつけてくれる抗酸化物質を増やせばいいんじゃない?ということですね。

抗酸化物質を増やしてくれる食品

抗酸化=トマトと呼ばれるほど、おなじみの食品ですね。トマトの中のリコピンという成分が高い抗酸化機能を持っていますので、年中手に入りやすいトマトを食べるようにしましょう!ただ、冬場やどうしてもトマトを食べたくない時がありますね。こういう場合は、フォッシル水をおススメします。

フォッシル水は、太古の堆積層から43800時間という時間をかけて抽出した天然の水です。
高い抗酸化作用とミネラルなども豊富に含まれていますので、お手軽に活用したい水です。

フォッシル水について詳しく確認をする方はこちらです。

まとめ

呼吸をする事により出現してしまう副産物ですから、逃げることはできません。
また、これ以外にも様々な外的要因によって活性酸素を体内に貯めてしまいます。

これらの原因を防ぐことを防ぐことはできませんが、
対抗するスーパーヒーロー(抗酸化物質)を増やすことがきます。

 


---PR---

FavoriteLoading記事を登録
▼記事一覧follow us in feedly