このエントリーをはてなブックマークに追加

一時期な訪日者に便利なフリーWi-Fi

JAPAN TRAVEL

ニュースを通して訪日観光客が急増していると聞きます。決してニュースだけではなく、実際の観光地でも実感することができます。各観光地へ行くと、様々な言語が飛び交っているのを聞きます。具体的な数値として把握しているわけではありませんので正確なことは言えませんが、私の実感の中でも、確実に訪日数が増えているように感じます。

以前、どこかの記事でこんな記事を見かけました。

外国人が訪日した際の最も大きな不満は、Wi-Fi環境がない事

私もこのアンケートの結果が、とてもわかります。
あまりにもWi-Fi環境の整備に消極的なところが多いような気がします。

そもそもWi-Fiってなに?っていう方がいまだにいて、そういう人たちが、物事を決める重要ポストについているので、話がすすみにくいのだと推測ができます。

そんな状況の中、最近ではようやく改善の動きが出始めていて、その中の一つとしてJapan Connected free Wi-Fiがあります。

Masa.Masa.

物事の判断ができないのであれば、積極的に外部人材を登用すべきです。
ITに関する知識がない人がIT設備について議論すること自体に無理があると思います。

凝り固まった考え方・間違った判断により、物事が一向に進まないのは、単なる機会ロスです。政治家、物事の判断をする人も定年制が必要なのかもしれませんね。

---PR---


無料で使えるWi-Fiアプリ

複数の事業者が提供しているWi-Fiスポットに接続可能

無料の物から有料の物まで、日本全国には、様々なWi-Fiがあります。色々と存在するWi-Fiを使い分けるのは何かと大変ですね。使い分けるというのは、具体的にいうと、Wi-Fiの接続設定のことになります。

例えば、那覇空港ではここにつなげて。
羽田空港ではここ。東京駅ではここにつなげて。
この民間商業施設ではここなど。

使おうとする所で個別に接続設定が必要だったりするので、とても面倒に感じる時があります。

そこで役立つのがこのアプリです。

このアプリを入れて最初に初期設定を一回するだけで、あとは広い範囲のWi-Fi環境を利用することができます。

つまり、Wi-Fiの環境ことに必要だった設定が不要になるという事です。

ラッキー!

アプリが対応する言語は、五か国

外国人向けということで、しっかりと言語の切り替えボタンも存在しています。

基本的には、外国人向けのサービスになりますが、
もちろん私たち日本人も利用することができます。

日本人が利用するシーンとしては、例えば海外に住んでいるけれど、長期休暇を利用して一時的に帰国する時などがあります。
このような時は、一時的に利用することができるJapana Travel Simが便利ですが、これは動画などの視聴には向きません。そういう時にJapan Connected free Wi-Fiを使って、積極的にWi-Fi環境を利用するといった使い方があります。

2015年末現在の対応エリア一覧

2015年現在の対応エリアは以下の通りとなります。

■商業施設
セブン&アイ・グループ
森ビル
三井不動産関係
東京ミッドタウン
プレミアムアウトレット
ファミリーマート
ローソン
イオンモールなど

■空港
成田、羽田、大阪、那覇、新千歳など

■鉄道
JR東日本・東海、札幌市交通局、東京メトロ、都営地下鉄など、

■バス
都営バス

■街
大阪、福岡、沖縄、熊本、心斎橋商店街など

本日紹介したアプリは、こちらです。

Japan Connected-free Wi-Fi
カテゴリ: 旅行
現在の価格: 無料

まとめ

今回紹介したWi-Fi接続アプリは、決して必須なものではありません(なくても接続することができます。)
ただ、すでに説明している通り、このアプリを通してWi-Fiの設定をすることにより、場所ごとの個別の設定が不要となります。利便性が高まりますので、ぜひ利用されることをお勧めします。

もし、あなたの周りに訪日する外国人がいたり、一時帰国する日本人がいたら教えてあげてくださいね^^

今日も最後まで読んでくれてありがとう!
気に入ったらシェアよろしくです。

それじゃ。
バイチャ(^^)/


---PR---

FavoriteLoading記事を登録
▼記事一覧follow us in feedly