このエントリーをはてなブックマークに追加

海外旅行時のiPhoneの設定に注意

気軽に海外へ行けるようになり、海外旅行のお供にiPhoneを持っていく方も多いはずです。現地でネット接続をしたい、ラインで友達と話したい、写真を撮りたいなど様々な理由がありますが、海外に行くときに必要な項目を設定しておかないと、後から高額な料金が請求される可能性があります。ここでは、最低限、知っておきたい設定を紹介します。

なお、現地のシムカードを購入して挿して使うという高度な使い方をするユーザーを対象にしているわけではなく、海外で写真撮影や、ちょっとしたネット接続をしたいという方におススメの記事となっています。

海外旅行時の元凶は、国際ローミング

海外にいる時に高額な料金が発生してしまう最も可能性が高いのは、国際ローミングです。ロームとは、ふらふら歩くという意味があるのですが、携帯電話で言うと、現地の基地局を利用して、通信回線を維持するという事です。例えば、自分では意識をすることなく、メールを受信したり、着信を受信したりなどがそれにあたります。日本国内にいる感覚で色々な事を行うと、現地の基地局につながっている分、高額な料金が発生する場合があります。

最近では、アメリカ放題などのデーター通信定額サービスも誕生していますが、国内のパケット料金と比べると、はるかに高い値段が設定されています。多くの場合、一日当たり2000円ほどのお金が上限でかかってしまいます。

一日ですよ。一か月ではないです。ここが大きな違いです。

2000×30日は、ハウマッチ?これって、安いの?

パケット定額に入っていても対象外

これもよくある勘違いなのですが、日本国内でパケット定額に入っていてもダメです。海外での使用は、パケット定額の対象外であり、対象の国におけるローミング料金が発生します。
この事から、基本的に海外ではデーター通信を行わない方が良いと思います。

ただしですよ。やはり便利なiPhoneを使わないわけにはいかないですよね。iPhone6からは、今まで以上にカメラの性能もあがり、十分綺麗な写真が撮れます。それにちょっとしたラインやFacebook等をしたいという方も多いと思います。

そこで、最低限ではありますが、
次のような設定をiPhoneにしておきましょう!

私が海外に行くときにしている設定

まず、iPhoneのコントロールパネルを
下から上に引っ張り上げます。

赤枠の左側から、機内モード、Wi-Fiの切り替え、Bluetoothの設定ボタンがあります。

IPHONE海外 (1)

飛行機に搭乗する時は、
一番左側の航空機モードをオンにします。
現地についてから、このボタンを解除します。

Wi-FiやBluetoothのボタンは、
使用する時にオンにします。

機内モード、Wi-Fi、Bluetoothなどは、
iPhoneのバッテリー消費に大きく影響します。

そんなに使っていないのにやけに電池の減りが早いというのは、これらの機能がオンになったままの場合が多いです。

必要な時だけオンにする事を忘れないようにしましょう!

ローミング関係に関する設定

無駄なローミングを避けるために、ローミング機能をオフにしておきます。

設定アイコンを開きます。

赤枠の部分のデータローミングがオフになっている事を確認

IPHONE海外 (2)

 

また、これとあわせて、キャリアの自動選択もオフにします。
写真では、オンになっています。

IPHONE海外 (3)

 

ちなみにデータローミングをオフにしても、Wi-Fi回線を使ってインターネットなどができます。

宿泊先のホテルやカフェなど、Wi-Fiが出ている所でネット接続をしましょう!
Wi-Fiを使う際は、既出のWi-Fiボタンをオン(白色)にしなければいけません。

IPHONE海外 (1)

まとめ

国境を意識しないような国際ローミングが普通になってきています。海外渡航時に日本で使っているようにiPhoneを使うと、思わぬ出費となる可能性があります。今回お伝えした最低限の設定を行ってから、海外に行くようにしましょう!

 


---PR---

FavoriteLoading記事を登録
▼記事一覧follow us in feedly