このエントリーをはてなブックマークに追加

アップルのiPad、iPhoneの基本ソフトの最新バージョン「iOS10」が日本時間の本日未明に公開されました。iPad、iPhone(5以降)をお使いの方には、更新の通知が届いています。

メジャーアップデートiOS10

日本時間の本日未明、アップルの最新版基本ソフトが公開されました。今回のソフトは、iOS10ということで以前の「9」と番数が違うため、さまざまな部分に変更が加えられている「メジャーアップデート」になります。このような更新のときは、操作方法がガラリと変わってしまいわからなくなったり、不具合が続出したりする可能性が考えられます。

そのため、急いでアップデートは行わずに、不具合情報が「出尽くしてから」更新することをお勧めします。本日からおよそ一週間ほどでiOS10に関するさまざまな解説記事が公開されるはずです。様子見をされる方は「iOS10 不具合」や「iOS10 まとめ」「iOS10 使い方」などのキーワードによって、情報収集を行いましょう。

基本ソフトの更新手順

基本ソフトの更新手順は以下の通りなります。以下の1~3の順に操作を進めてください。1番のアイコンは、歯車が描かれているものです。

1.設定のアイコン
2.一般
3.ソフトウェアアップデート

更新ボタンが押せない!?

ソフトウェアアップデートの画面下には、更新ボタンがあります。しかし、このボタンは「Wi-Fi回線(高速大容量の回線)」につながっていないと押すことはできません。したがって、現在、auやドコモ、ソフトバンクと契約している人は、何らかの方法でそれらの回線からWi-Fi回線に切り替える必要があります。

ご自分がWi-Fi回線に接続されているかどうかは、iPadやiPhoneの画面の左上を確認します。この部分が「4G」や「3G」または「LTE」となっている場合は、Wi-Fi回線につながっていません。そのため、次のいずれかの方法により、接続または更新作業を完了してください。

1.自宅のインターネット回線に接続する。

2.Wi-Fi提供のカフェなどを利用する。

1や2などが実現できない場合は、各ショップへ出向き「iOS10に更新したい」旨を伝えます。確実に行ってくれるとは言えませんが、ケースによっては更新作業を行ってくれるかもしれません。

1.契約しているショップ(au、docomo、ソフトバンクなど)に相談に行く。

2.アップルストアに相談にいく。

基本ソフト更新に関する重要な注意事項

最後に基本ソフト更新に関する重要な注意事項です。これは、最近よく聞く「MVNO」と呼ばれる格安の通信サービスを使っている人への注意事項となります。

このサービスによってiPadやiPhoneを利用されている方は、すぐに更新を行ってはいけません。なぜなら、iOS10用の「プロファイル(通信を行うためのソフト)」が公開されていないためです。もし、このプロファイルがない状態でiOS10にすると、通信エラーで一切インターネットができなくなります。

通信のためのプロファイルがいつ出されるのかは、各サービス提供会社次第となります。調べ方としては、「通信会社名+プロファイル+iOS10」などと検索をします。すると、多くの場合で一発で対象のページがヒットします。

参考例:「IIJmio プロファイル IOS10」「DMM プロファイル IOS10」「楽天 プロファイル IOS10」

1.プロファイルをダウンロード
2.基本ソフトを更新

この1と2の手順を守りそれぞれの更新作業を行ってください。
本日は以上となります。

バイチヤ( ´Д`)ノ~


---PR---

FavoriteLoading記事を登録
▼記事一覧follow us in feedly