iPhoneの使い方

「icloudのストレージがいっぱいです」アイクラウドの容量を減らす方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhoneやiPadを使っていると「icloudのストレージがいっぱいです」と表示されることがあります。そこまで利用していないにも関わらず、解決するまで表示されるため、非常に厄介です。

実はこの問題は「iCloudのバックアップの対象」を見直すだけで簡単に解決できます。そのため、上記のメッセージと合わせてアップルから提示される「ストレージ容量の変更」等を行う必要もありません。

今回は「iCloudのストレージがいっぱいです….」と表示される場合の具体的な解決方法をご紹介します。

「iCloud容量のストレージがいっぱいです」と表示される解決策

iPhone、iPadなどを利用していると、ある日、突然表示されるようになるのが「iCloudのストレージがいっぱいです…」という画面です。iCloudは、iPhoneやiPadのデータをオンライン上に保存する機能をいいます。保存されるデータとしては、カメラで撮影した写真、メール、アプリ情報など、iPhoneで利用しているほぼすべてのデーターが対象となります。

通常、iCloudは、初期設定さえ済ませてしまえば、その後は意識することなく自動的に保存される機能です。そのため、ある日、突然表示される「iCloudのストレージが…」という表記に困惑されてしまう方も多いはずです。では、この「iCloudのストレージが…」という表示が出ている場合、どのような問題が起きているのでしょうか。もし、そこまで問題がないのであれば、この表示を無視して使い続ける選択もできるはずです。

「iCloudのストレージがいっぱい…」と表示されている場合の問題点

iCloudは使っている端末(iPhoneやiPad)が壊れてしまったときでも、その中に入っている情報を元通りにする「バックアップ」を行うためにあります。いわゆる「予備的な情報」として、端末の中にある情報と同じ物がオンライン上で複製されていきます。この機能があることにより、端末(iPhoneやiPad)が紛失、盗難や機械の故障等により手元から中の情報が紛失してしまっても、iCloudにある情報から元通りにすることができるようになっています。これを一般的に「復元」といいます。

では、これと「iCloudのストレージがいっぱい….」という表記に、どのような関連性があるのでしょうか。実は、この表示がされている場合は、端末の情報がiCloudにバックアップされていない状態を意味しています。そのため、この状態のままiCloudを基にして復元をすると、最後に端末を使っていた時の状態との「情報差」が出てくるようになります。

例えば、カメラにより写真撮影をしたとします。一枚目、二枚目と続き、合計で五枚の写真を撮影したとします。このとき、iCloudのバックアップが正常であれば、端末で写真撮影をした瞬間に同じ写真がiCloudにも五枚保存されます。そのため、仮に端末がなくなってしまっとしてもiCloudから復元すれば五枚の写真が新しい端末でも確認ができるようになっています。

一方、別のパターンを見てみましょう。同じように一枚目、二枚目と写真撮影をしていくと、二枚目の撮影が終わったときに「iCloudの容量が…」との表示が出たとします。さらに、この表示が出た後も、三枚目、四枚目、五枚目と撮影を重ねたとします。このとき、三枚目~五枚目までの写真がiCloudにバックアップされていない可能性があります。そのため、仮にどこかのタイミングで復元を行ったとすると、最後に端末を使ったときの情報とiCloudの情報に差が生まれることになります。

もちろん、バックアップの対象は、写真だけではなく、アプリやメールなどもあります。そのため、正確に言うと「iCloudの容量が….」と表示された以降のデータは、ファイルの種類に限らず、すべてバックアップがされていないとお考え下さい。つまり、万が一、使っている端末がなくなってしまえば、「iCloudの容量が…」と表示された以降の情報もすべて消えてしまうことになります。

iCloudの容量が一杯になる唯一の原因

これまでの説明でiCloudの役割と「iCloudの情報がいっぱい…」と表示され場合の問題点などをご紹介してきました。では、このiClooudの容量が一杯になる原因はどこにあるのでしょうか。読者の中には、「購入してさほど経過していないのになぜ?」と疑問に感じる方も多いはずです。ズバリiCloudの容量が一杯になるのは「バックアップの対象が無駄に設定」されているところにあります。

通常、iCloudへのバックアップ保存の設定は「すべてのデータ」が対象になります。この”すべて”は、iPhoneの中に含まれるさまざまな情報を意味します。

例えば、その中には、遊び半分で入れた「アプリデータ」などがあります。正直、今すぐに消えたとしても全く問題がない情報であっても、初期状態ではすべてバックアップを行う対象に指定されてしまうのです。このような「無意味なデータ」がバックアップの対象になっているため、購入して間もない人であっても「iCloudの容量がいっぱい…」とのエラー画面が表示されることになります。つまり、iCloudに無駄なバックアップデータを保存しないことが、今回の問題を解決するための無料で行える唯一の方法になります。

iCloudに保存されるバックアップデータの対象をコントロールする方法

iCloudに自動保存される対象を取捨選択することが「バックアップデータ」の削減につながります。またこの削減が「iCloudの容量がいっぱい…」のエラー画面を解決となります。

ここでは、iCloudに保存されるバックアップデータの対象を取捨選択する具体的な操作方法をご紹介します。

1.設定アプリを開きます。その後、一般>>を開いた後、下記の部分をタップします。

上の欄は、デバイス(端末上)の容量を示し、下の欄がiCloud上の容量を示します。今回は、iCloudの容量を調整したいため、下の欄にある「ストレージを管理」を選択します。

バックアップ対象の削除を行う前の「バックアップデータ」の大きさを示します。現状で1.4GBの大きさがあることがわかります。これは無料でiCloudを利用できる5GBの30%以上を占めていることがわかります。当然、ここの数字の大きさは、人によって様々です。「iCloudの容量が….」と表示さている方は、この部分が上限一杯になっています。赤枠の部分をタップしてください。すると….

バックアップの対象になっているアプリ一覧が表示されます。すべての情報を表示したい場合は、下の赤枠部分を押します。

下の画像の中にある赤枠部分をご覧下さい。緑色になっていますね?ここが緑色になっている場合、バックアップの対象になっていることがわかります。この部分を白色にすると、バックアップの対象から除外されます。

緑色のボタン部分を白色にすると、以下の画面が表示されます。下の赤枠部分のボタンを押すと、iCloudからバックアップデータが削除されるのと同時に、次回以降のバックアップ作成時に「バックアップの対象」から除外されることになります。

下の画像のように不要なバックアップを削除してください。この作業はアプリごとに繰り返す必要があるため、少しだけ大変です。

上記の設定を繰り返していくと….見事、バックアップのサイズが1.4GBから872.2MBになりました。ちなみに1.4GB=1400MBを意味します。つまり1400MBから872MBとなったということです。

よくある質問:何を基準としてバックアップの対象を決めればいいのか

この記事の要点は「バックアップの対象を取捨選択」することです。Jこれを実行するときには、どのような観点で考えればいいのかを2つご紹介します。

観点1:そのアプリは、どれくらいの容量を必要としているのか?

バックアップの対象になっているアプリは、ここに容量が表示されています。そのため、まずはこの容量が大きなアプリから考えるようにしてください。バックアップ容量が小さいものより、大きなものを優先的に消していくイメージです。なお、ここでいう「消す」とは、アプリを消すことを意味するわけではありません。アプリをバックアップの対象から削除することです。ここでバックアップの対象から削除してもアプリは今まで同様に利用ができます。ただし、アプリ内データはバックアップの対象にはなりません。

削除=以下の一覧表示されている緑色ボタンを白色にすることです。

観点2:消えてしまうと困るものか?

記事中でも述べたとおり、基本的にバックアップの対象になっているものは「どうでもいい物」が含まれている場合が多いです。そのため、よく吟味をして「データが消えるとどうしても困るものなのか?」を基準に選ぶようにします。私の場合は、特に困る物もないため、以下のアプリ以外はすべてオフにしました。なお、この設定は人によって異なります。あくまで自己責任でバックアップの対象を選ぶようにしてください。

・写真関連のデータ

・オフラインマップのデータ

まとめ

「iCloudの容量が一杯になり….」という表示は、どなたの端末でも表示される可能性があります。その場合は安易に「ストレージプランの変更」を行わず、バックアップデータの中に「無駄なデータがないのか」をチェックして断捨離をするようにしてください。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなのブックマーク20選

コメント

  1. 小木ティ より:

    明けましておめでとうございます!
    なんていう事でしょう!!!
    まさに 年末 「iCloudがいっぱいです!」で
    悩んでおりました(爆笑) そして 解決〜!
    年明けから 幸先いーなー いい事がありそうな予感 する〜
    今年もどうぞよろしくお願いいたします。
    小木曽

    1. Masahiro Ido より:

      こんばんは、おめでとうございます。
      悩んでいたことが解決できたようで何よりです。

      ときどき、学習した内容を振り返ってくださいね~☆

      井戸

  2. 松岡 正子 より:

    ここ2日寒くて炬燵むりをしておりました。暇で開く事のない Facebook を覗いたら…なんという事でしょう…ご無沙汰です。見てなくて済みません。お変わりありませんか?
    早速 iCloud 自分で管理して見ます

    1. Masahiro Ido より:

      おはようございます。
      こちらも寒いですね~

      また、気が向いたら遊びに来てくださいね(^^♪

コメントを残す

[×]
コメントの投稿を完了しました。