このエントリーをはてなブックマークに追加

消せないアプリの対処方法

iPad・iPhoneのアプリは好きな物をインストールしたり、逆に不要な物を削除する事ができます。自分仕様にできる所が良い所なのですが、実はそんなiPadでも消せないアプリという物があります。

今日は、消せないアプリを消すのではなく、消したと同じような効果が得れらる方法を紹介します。

---PR---


消せないアプリとは!?

消すことができないアプリは、以下のような物があります。

・メッセージ

・標準カレンダー

・iTunes

・ミュージックなどなど。

アプリを長押ししてクラクラ揺らしても、バツ印がでてこない物です。これらのアプリは、通常の方法ですと、消すことは一切できません。

消すことができないので、どうしても邪魔と感じてしまいますよね。

消したい。
でも、消せない。

さて、どうすればいいのでしょうか?

ちょっとした考えの切り替え

消せないアプリを消す事は不可能です。
ただし、消したかのように見えにくくする事はできます。

それが、フォルダの活用です。

アプリを長押しすると、クラクラと揺れますよね?

この時、消すという操作もできますが、実は、それ以外にもアプリの上にアプリを移動して重ねる事ができます。

アプリとアプリを重ねると、フォルダという物が自動的に作成されて、一つの固まりになります。

この仕組みを使って、邪魔な標準アプリを一つのフォルダにしてしまいます。

赤枠のような一つのフォルダになります。

huyou-apps

フォルダの名前は、何でもokです。
私の場合は、不要という名前にしています。

そして、さらにこのフォルダを第二・第三画面の方に移動してしまいます。これで、普段使う画面からは、消せない標準アプリが無くなってスッキリとしますよ^^

今日もありがとう!
バイチャ(^^)/


---PR---

FavoriteLoading記事を登録
▼記事一覧follow us in feedly