このエントリーをはてなブックマークに追加

海外預金口座として人気がある「HSBC香港」は、日本人でも手軽に口座を開くことができるものです。(でした)しかし、近年は日本人の新規口座が徐々に制限されているようです。そのため、すでに口座を持っている人は、「口座を凍結されないように維持する」努力をしなければなりません。

口座を凍結されないための「日本での小出し引き出し」の方法を説明します。

HSBC香港の口座凍結を防止する方法

一般的な日本人の感覚であると「口座凍結」というのがピンときません。実は、HSBC香港に始まり海外の銀行口座は、一定期間、口座の動きがないと「口座凍結処理」がされてしまいます。もちろん、口座を凍結されたからといって、すぐに資金を没収されるというわけではありません。しかし、再び口座を復活させるために、現地の銀行へ出向くなど、一定の手間が発生します。

実は私もHSBC香港の口座を凍結されてしまい、過去には、この凍結を解除するためだけに香港へ行ったことがあります。

そのときの記事が「HSBC香港銀行の凍結解除を自分で行う方法 代行業者に頼まなくても自分でできます!」です。こちらの記事で、どのように口座凍結を解除してきたのかを書いていますので、すでに凍結された人は、参考にしてください。

ちなみに香港は、恐ろしいほど物価の高い所です。シンガポールと同様、他のアジアと同じように考えるべきではないと思います。私の体感的な物でいうと、日本よりも物価が高いかもしれません。

口座を凍結されないためのアクション

では、口座を凍結されないためには、どのようなことを行えばいいのでしょうか。方法としてはいくつが存在しますが、難しいことは嫌いの方におススメなのが「日本のATMでの引き出し」です。

実は、HSBC香港のカードは、日本のATMにて引き出すことができます。一定期間ごとに、この引き出し作業をすることにより「口座の動きがある」と判断されて、凍結を防ぐことができます。

HSBC香港の口座は、日本のセブン銀行が便利

HSBC香港にある口座からお金を引き出す場合、かつては「日本のみずほ銀行ATM」が一般的でした。しかし、このATMを使わなくても引き出しができるATMがあります。それが日本全国のセブンイレブン内にある「セブン銀行ATM」です。セブン銀行のATM操作画面は、日本語で表示されます。そのため、英語が大嫌いな人でも簡単に引き出すことができます。

日本のATMで引き出すための準備

HSBC香港の口座はマルチカレンシーであるため、一つの口座の中で複数の通貨を預金できます。

例えば、日本円、米ドル、オーストラリアドル、香港ドルなど、一つの口座内にいくつもの通貨として預金ができます。このとき、一点だけ注意することがあります。

実は、日本のATMで引き出しを行うと「香港ドル SAVING」から引き出されることになります。したがって、香港ドル以外の預金がいくらあったとしても香港ドル」としての預金がなければ、残高不足として引き出すことはできません。

もし、他の通貨を預金しているけれど、香港ドルを持っていないのであれば、最初にインターネットバンキングを使って、他通貨から香港ドルへの口座内移動(両替)をしなければなりません。その手順は以下の通りとなります。

セキュリティデバイスなどを使って、HSBC香港にサインインします。以下、図の通り1,2,3と進めていください。

hsbc香港-かんたんマート- (3)

赤枠:移動元の口座 緑枠:移動先の通貨口座 紫枠:移動する通貨の種類 移動量 水色枠:移動日 *口座とは、自分の口座の中にある「通貨単位の口座」のことを言っています。

私は、香港ドルは不要なため、「小出しに引き出し」が行える程度を移動しました。日本のATMでの最低の引き出し額が1000円ですから、それをベースに考えています。

HSBC香港

確認画面です。移動元、移動先の口座などに間違いがないかを確認しましょう。

hsbc香港-かんたんマート- (2)

この画面が表示されたら完了です。

hsbc香港-かんたんマート- (4)

セブン銀行ATMで引き出しを行う

上記の作業によってセブン銀行のATMで引き出しができます。ATMの操作画面は、すべて日本語で表記されていますので迷うことはありません。

ここで、引き出し額についてお伝えをします。そもそも今回の目的は、口座凍結されない為に一定期間ごとに「何らかの引き出し」を行うことが目的です。そのため、香港ドル口座の中にある原資(上記で移動した分)をなるべく減らさないようにしながら、引き出しの実績を作る工夫が必要にります。私の場合は、一回の出金額を「1000円」にして利用実績を作っています。

まとめ

HSBC香港は、海外ビジネスや海外留学など、海外での活動が多い人には必要な口座です。最近は、日本人に対する口座開設難易度が高まっているようです。そのため、現状の口座所持者は、「口座凍結」されないようにする工夫が必要です。口座凍結すると、香港まで出向く必要があるため、無駄なお金と時間を使うことになりますので注意しましょう。


---PR---

FavoriteLoading記事を登録
▼記事一覧follow us in feedly