このエントリーをはてなブックマークに追加

グーグルトレッカープログラム

東京一極集中の流れは相変わらずです。2020年の東京五輪に向けて、周辺開発も活発になると言われてますね。

他方、地方では…

---PR---


地方は衰退進行形である

地方、特に三大都市圏以外の地方は悲惨です。
駅前の商店街は、シャッターが降りてしまい、それとは裏腹に郊外には、超巨大なショッピングセンターがどどーんと建っています。

このような現状を語り始めると、商店街が衰退をして町がダメになるという人もいますが、商店街が衰退するのは、ある意味で仕方がないことだと思います。

地域商店街の衰退=地域の衰退と考える事自体がナンセンスです。

今から数年前の大店法の改正により、地方に巨大なシッピングセンターが次々と開発されて、周辺の客をすべて飲み込んでしきました。

この事実を様々な視点からとらえる事ができると思いますが、一つだけいける事は、時代の流れを読まなかった結果であって、商店街であるという胡坐をかいていた成行きなのではないでしょうか。

そもそも大店法が改正されなかったとしても、商店街で商品を購入する理由がないのが実情ですから、早けれ遅かれ潰れていくのが流れだったんだと思います。その辺をすごく勘違いされている方が多いのではないでしょうか。すでに商店街は既得権益でもなく、地域にとって必要かと言われると、別にと答えてしまう程の存在になってしまってると思います。

商店街で物を購入する理由がない。

逆にいうと、理由さえあれば商店街に行きますし、そこで物を購入する人もいるはずです。どんな所であっても、お店にいく理由があればお客さんは来ますし、それを証明しているのが、巨大なショッピングセンターの隣にコンビニなどです。

何でショッピングセンターの隣にコンビニがあるんだ?と思われる方も多いと思いますが、

コンビニの方が

店内が狭くて周りやすい。

レジが早い。

手軽にいける

という理由があるんです。
しっかりとした理由があるから、巨大なショッピングセンターの隣でも成り立つんだと思います。まぁ、コバンザメ商法的な意味合いもあると思いますが。

商店街の人たちも、ただショッピングセンターに客を奪われた~と叫ぶのではなくて、自分たちのお店にお客さんが来たくなる理由があるのかどうかを追究していくべきだと思います。

自治体間の人口獲得の競争

総務省が地方活性をすすめる為に、地域おこし協力隊という制度や、ふるさと納税制度などを設けています。危機感を持っている自治体は、これらの制度を利用して、あらゆる手段で人口増加、交流人口増加につなげようかとしています。

特に今まで眠ってしまっていた地方の魅力を地域外の若者視点で発掘するという地域おこし協力隊制度を活用している自治体が増えています。この制度自体も国からお金をもらう為にとりあえず利用しているという、やる気がない自治体もあるようですが、そんな自治体はその内、淘汰されて消滅していくだけですから無視してもいいと思いますが、

大切なことは、

いかにして自治体の魅力を情報発信して、
その魅力を求めて域外からの人を呼び寄せるか

だと思います。
これが、これからの自治体の政策、観光政策で考えるべきポイントだと思います。

グーグルトレッカープログラム

地域の情報を伝えていく一つの方法として、グーグルのトレッカープログラムがあります。

ストリートビューは、ご覧になったことがありますか?道路上を自分の好きな方向に進んでいくことができる機能です。

まだ行ったことが無い所の下見や、体が不自由で気軽に外出ができない人などは、好んで使われるみたいです。

便利なグーグルストリートビューではありますが、一点だけ難点があります。ストリートビューが見られる範囲は、道路を基準にしているという事です。

これは、グーグルストリートビューの撮影方法を知れば納得します。ストリートビューの撮影方法は、グーグルの撮影専用車両を使って行われます。

つまり、車が入れないような小道などは全て撮影対象外になってしまいストリートビューで周る事ができない空白の地域になってしまっていました。

そこでグーグルが新しい撮影を方法を考えまして、
それが、グーグルトレッカープログラムです。

グーグルトレッカープログラムとは

トレッカーという撮影機材をグーグルが貸与して、街の観光協会、市役所などの人が、自分の街の紹介したい所を自由に撮影できるプログラムの事を言います。これにより、グーグルストリートビューの空白地帯が徐々に埋まっていき、今までよりも細かな地域まで確認ができるようになります。

同時に街としても、地域の情報がインターネット上に掲載されることになり、地域外への一つの有効な情報発信方法となりそうです。すでに先進的な自治体は、このプログラムに参加されているそうです。

もし、あなたが町おこし、地域おこしに興味があるようなら、
グーグルトレッカープログラムをおススメしてみてはいかがでしょうか?

詳しくは、以下のリンクを押してください。
>>グーグルトレッカープログラム

今日もありがとう!
バイチャ(^_^)/~


---PR---

FavoriteLoading記事を登録
▼記事一覧follow us in feedly