このエントリーをはてなブックマークに追加

グーグルストリートビューアプリ

google-st-view (1)

歩行者のように街中を散策ができるストリートビューを、専用アプリで楽しむことができるようになりましたので紹介をします。

下の説明画面は、iPhoneの操作方法となりますが、iPadでも似たような構成になっていると思いますので、ご自分で頑張ってください。

---PR---


グーグルストリートビューって?

グーグルマップという無料で地図を利用できるサービスがありますが、これの進化系にあたるのが、グーグルストートビューです。

ストリートビューの画面
google-st-view (6)

ストリートビューは、上の写真のように歩行者目線で街中を散策ができるサービスです。自分が行きたい方向へ自由自在に移動ができるので、あたかも自分がその場で旅をしているような感覚を味わえるのが特徴です。

最近では、この関連サービスとして、街だけではなく、山の登山風景を映し出したり、お店や旅館の中の様子を確認ができるグーグルインドアビューなどもあります。グーグルの技術力の高さには、ビックリさせられますよね^^

ストリートビューは、グーグルマップの一部になっていた。

今回紹介するグーグルストリートビュー専用のアプリが発表されるまでは、このサービスはグーグルマップの中に組み込まれていました。

それが、今回のアプリで独立したという事になります。

気になるのは、グーグルマップのストリートビューと、グーグルストリートビューアプリに違いですよね。

グーグルストリートビューアプリには、新機能である360度風景写真を撮る事ができる機能()があります。

このような全天球カメラを使えば、さらに快適に利用ができます。

Photo Sphereは、ここぞという所で、グーグルストリートビューのような風景写真を撮影する事ができます。
グーグルストリートビューは、道路を中心に撮影されていますが、それよりも一歩踏み込んだ土地の中を撮影ができます。

もちろん、全天球カメラは超高額ですから、なかなか手が出せません。そういう方の為に、iPhoneやiPadのカメラでも画面の指示通りに行えば、撮影ができるようになっています。

残念ながら撮った風景を外に持ち出すことはできませんが、
グーグルストリートビューアプリ上で、いつでも、簡単に立体写真(Photo Sphere)をご覧になる事ができます。

また、撮影した立体写真は、公開をして、他の人に公開もできます。もちろん、撮影した物は、非公開のまま保持する事も可能です。

このPhoto Sphereの詳しい使い方については、上級者向けの操作となりますので、ここでは説明をしません。

ストリートビュー (1)

ストリートビュー (2)

ストリートビューアプリの操作画面

赤枠のメニューは、左や右に動かせます。
動かすと、緑枠部分が連動して表示される仕組みです。

google-st-view (2)

これがグーグルのキャラクター・ペグマンです。
よろしく!

google-st-view (3)

地図上でこのペグマンを色々と移動させます。

移動させた結果が、下の赤枠に表示されます。
この赤枠に表示された写真をタップすると…..

google-st-view (4)

このような歩行者目線の画面に切り替わります。
もし、前の画面に戻りたければ…

google-st-view (6)

画面の左上にある三本線を押すと、前の画面に戻れます。

google-st-view (5)

今回紹介したアプリはこちらです。

Google ストリートビュー
カテゴリ: 写真/ビデオ
現在の価格: 無料

---PR---

FavoriteLoading記事を登録
▼記事一覧follow us in feedly