このエントリーをはてなブックマークに追加

ガラケーから格安iPhone運用を実現するまでの手順

garakei

大手携帯電話会社の回線をまた貸しをして、お得なサービスを展開するMVNOのお話です。複雑な料金プランや自動契約による解約金、割賦契約による二年縛り、使いもしないパケット定額という”安心?”を与えて、携帯大手三社だけが勝ち馬の時代は終わりそうです。

今回は、ガラケーを使用している人が、おなじみのiPhoneに変更して格安で運用する手順を紹介します。

---PR---


iPhoneを持つと月々一万円ほどかかる?

携帯大手三社を通してiPhoneを入手すると、基本料金、割賦代金、通信定額により、月々一万円ほどかかるのが普通です。いえ、普通ではないですが、あなたの周りがそうだから、10000円はかかると思い込んでしまっているのかもしれませんね。

ちなみに私のiPhoneの月々固定でかかる料金は、約1700円です。私の場合、iPhoneの端末代金を現金で購入しているので、その他の費用がかからないわけなのですが、もし、iPhoneを現金ではなく、後述するアップルクレジットなどの分割払いで購入する場合は、この1700円に端末代金が数千円上乗せで支払うことになります。

仮に月々3000円を支払ったとしても、合計で5000円弱の支払いとなります。いかがでしょうか?iPhoneを持つ事に一万円ほどかかることに疑問を感じてきましたか?

私が格安でiPhoneを持つことができる理由

何か特別な方法があるのではなく、ネットや雑誌でおなじみのMVNOという業者が提供するサービスを利用しています。MVNOというのは、最近少しだけは流行?の業態であり、簡単にいうと回線の又貸し業者です。ここでいう又貸しとは、docomo、au、softbankといった大手の携帯電話会社の回線網を業者価格で借りて、その借りた回線を一般ユーザーに貸し出しをする仕組みです。

一応、大手三社がmvno向けに回線を貸していますが、回線の賃貸料などの理由により、ドコモ回線とau回線を利用したmvno業者が中心です。ドコモ回線を利用したMVNOで有名なのが、みおふぉん(IIJmio)、au回線を利用したMVNOはマイネオという会社が有名です。他にもたくさんの会社が存在しますので、このおススメのMVNOも時と共に刻一刻と変化をしていきそうです。

今お使いの端末そのままで!スマホ料金を丸ごとおトクにするmineo

その中で、今もっとも注目しているMVNOが、ニフモと呼ばれる業者です。この業者のプレスリリースによると、近々、音声定額の商品を発表するとのことです。大手三社からMVNOへの流出を防いでいる一つのポイントとして、音声定額がありますが、これもそろそろ崩壊しそうな予感がしています。

MVNOを利用する為には、シムフリーのスマホ(ロックスマホも一部ok)などが必要。

MVNOの回線を利用するためには、シムロックがかかっていない端末が必要になります。ですから、携帯大手三社で契約したiPhoneをそのまま使うことはできません。

ただし、一つだけポイントがあります。MVNOであっても、元の回線が一緒であれば、利用することができます。どういう事かといますと、ドコモ回線を又貸ししているみおふぉんと契約した場合は、ドコモで契約したiPhone(ドコモとは解約済み)であれば、シムロックがかかっている端末でも、そのまま利用することができます。auで契約したiPhoneは利用ができません。

au回線を利用したマイネオというMVNOであれば、auで契約したiPhone(auとは解約済み)をそのまま利用することができます。ポイントは、契約しようとしているMVNOが、どこの回線を又貸ししてサービスを提供しているのかを確認することです。docomoのシムロックiPhoneを持っているなら、みおふぉんなどのドコモ回線系列のmvnoと契約すべきなのです。

もちろん、iPhone以外の端末でも利用が可能です。契約しようとしているMVNOで自分の端末が使えるかは、利用可能端末という一覧ページで紹介されています。念のため、その一覧を確認するといいです。もし、あなたがアップルストアでiPhoneを購入した場合は、全てシムフリーの端末であるため、上記のような心配は一切不要で、どのmvnoとも契約が可能です。

シムロックされているiPhoneを高度な方法でシムロック解除する方法

海外の業者になりますが、携帯大手三社から購入したシムロックiPhoneのロックを解除することも可能です。約8000円足らずでシムを解除できますので、利用する価値はありそうですね。

https://myimeiunlock.com/product/unlock-iphone-kddi-japan/

ガラケー(携帯電話)からiPhone(MVNO運用)への乗り換え手順

携帯大手三社、MVNOと端末の関係がわかった所で、そろそろ本題へと入ります。

今回の手順条件の確認です。

  • 現在所有している携帯電話→ソフトバンクの普通の電話
  • 契約終了によるMNP転出
  • MVNOは、ビックシム(みおふぉん)
  • iPhoneはアップルストアで購入

ソフトバンクへMNP転出届けを行う

電話番号を変更することなく、他社へ乗り換えるには、MNP制度を利用します。『MNP転出をお願いします』と、ショップの方に伝えてください。すると、MNP予約番号という物が発行されます(転出から10日間有効)この予約番号をビックシムとの契約の際に利用します。

アップルストアへ行き、シムフリーの端末を購入

シムフリーの端末が欲しかったので、アップルストアで購入しました。シムフリーの端末は、今でこそ国内で購入できますが、一昔前まで海外でしか無理でした。今では、国内のアップルストアで普通に購入ができます。もし、もっと安いiPhoneを購入したい場合は、iPhone5sなどの一昔前の製品を選ぶと良いと思います。

iPhoneは、現金で購入することもできますし、一括購入が厳しいならアップルクレジット(オリコ)という分割払いを利用することも可能です。アップルのクレジットは、指定回数までは、アップルが分割手数料を負担してくれたりします。ここの支払い回数の設定が、MVNOの利用料金の上乗せ部分になりますので、よく考えてからローン契約を行います。

30分ほどすると、ローン審査の結果がきます。この時、オリコから携帯電話宛に本人確認用の電話認証がありますので、アップルストアの店頭でもつながるようにしておいてくださいね。無事にローン契約が完了すると、アップルの優しい販売員の方が、一通りの基本設定まで行ってくれます。たしかiCloudの設定やパスコード、指紋認証などです。自分で全てできる方は、断ってもいいかと思います。

ビックカメラのビックシムカウンターでビックシムの契約をする

ここまでで携帯電話のMNP転出、シムフリーのiPhone入手という作業が終わりましたね。いよいよ入手したiPhoneの回線(mvno)契約をする時です。

当サイトでは、みおふぉんをおススメしていますので、みおふぉんを店頭で申し込むことができるビックシムを選択しました。ちなみにビックシムとみおふぉんは、ほぼ一緒だと思ってください。ビックカメラの店頭にビックシムカウンターという専用のカウンターがあります。そこへ行き、ビックシムの契約をしたいと伝えてください。

この新規契約をする時に、携帯電話のMNP予約番号が必要です。また、みおふぉんに入っている友達から、紹介コードを受け取り契約を行うと、紹介したほうも紹介されたほうも双方共に特典があります。

みおふぉんの契約手続きが終わると、約30分後にシムカードが発行されます。おめでとうございます。これでiPhoneのシムカードを入手できました。

入手したシムカードiPhoneへ挿して有効化する。

iPhoneに付属しているピンを使って、側面にあるシムカバーを取り外します。ビックシムのシムカードを乗せてから、iPhoneへ挿しなおします。電源を入れてしばらく待つとホーム画面が表示されます。

Wi-Fi回線の接続設定をして、プロファイルをインストール

初めて電源を入れたiPhoneですと、ネット回線につながっていない状態です。まずは何らかのネット回線につなげるために、wi-fiの接続設定を行います。

設定アプリを起動→WI-FIをタップ→指定のWI-FIを選んで設定を行ってください。画面の左上部に扇型のマークが出てきたら完了です。ネット回線につながったら、IIJmioのプロファイルという物をダウンロードしてインストールします。

プロファイルとは、様々な設定事項を記録したファイルです。まぁあまり難しいことは考えずにプロファイルをインストールしてください。これで携帯電話で通話ができるようになります。もちろんメッセージなどの利用も可能になります。

電話代金を30秒20円から30秒10円にするために…

ビックシムと契約すると、みおフォンダイアルという無料の電話アプリを利用できます。このアプリは、普通の電話回線を活用して通話料を半額にする事ができる物なのですが、アップストアのレビューを確認すると、あまり良い評価を受けていないようでした。そこで同じく通話料を半額にする事ができる楽天でんわを導入することにしました。

楽天でんわの導入(会員登録~アプリインストール→利用開始)

楽天でんわを利用するためには、最初に利用者登録をする必要があります。利用者登録が終わると、楽天電話のidとパスワードが発行されます。これを楽天でんわアプリに関連付けを行います。楽天電話アプリは、アップストアで楽天でんわと入力すると、見つけることができます。これで楽天でんわアプリで電話をする事ができます。ちなみに楽天電話アプリの着信履歴は、iPhone標準の電話アプリに残ります。

ガラケーに登録されている連絡先をiPhoneへ以降登録する

ガラケーに保存されている連絡先情報を電話機の付属のマイクロsdカードなどに保存をします。マイクロsdカードを携帯電話から抜いて、マイクロsdにsdカバーを取り付けます。これでパソコンで読める大きさになりますね。このSDカードをパソコンに挿して読み込みます。SDカード部分まで開いて、画面の右上の検索画面で  .VCF と入力して検索をします。

SDカードの中に入っているVCFの情報を表示されますので、そのVCFカードをパソコンのどこでもいいので保存します。保存したVCFカードをメールなどに添付します。例えば、iPhoneでGメールを受信できるように設定しておき、そのGメールに対して、VCFを添付したメールを送ります。iPhoneでGメールを開き、添付のVCFという物を押すと、連絡先に加えるか聞かれますので、ここで加えると選択します。これでガラケーの連絡先が全てiPhoneの連絡先に移行登録されます。

まとめ

ガラケーを持っている方が、スムーズにiPhoneデビューができるように手順を書いてみました。今回は、アイフォンを題材にしましたが、別にアンドロイドの端末でも実現可能です。ポイントは、MVNOがどこの会社の回線で又貸しをしているかをしっかりと知ることです。また、連絡先の移行登録などもiCloudで管理をするのではなく、グーグルコンタクトの方で一元管理することも可能です。今回紹介した方法以外にありますので、皆さんなりに納得できる方法でアイフォン運用をしてみてください。

DMM mobile


---PR---

FavoriteLoading記事を登録
▼記事一覧follow us in feedly