このエントリーをはてなブックマークに追加

シムカードの初期設定

DMMと契約を行うと、数日後にシムカードが到着します。このカードをスマホに挿せば、DMMを通しての通信が始まることになります。ただ、挿すといいましたが、ただ単にシムカードを挿すだけでは利用することができません。シムカードを挿したうえで、プロファイルをインストールしなければいけません。

---PR---


初期設定ファイル・プロファイルといっても…

なんだか難しそうな名前ですね。
ただ、決して難しくはありませんのでご安心くださいね。

DMMのホームページにプロファイルが公開されているので、それをダウンロードしてインストールするだけです。この記事では、その部分についてもしっかりと説明をしているのでご安心を。それでは、説明をしていきます。

DMMと本契約を完了すると、以下のようなシムカードセットが送られてきます。

dmm-simcard (111)

スマホ本体のセットに付属しているピンでシムスロットを開けます。画像はiPhoneですが、その他のスマホでも似たような感じで開封する場所があるはずです。もし、このような穴が見当たらない場合は、電池パックを外して確認をしてみてください。きっとシムカードを挿す場所があるはずです。

dmm-simcard (2)

スロットにdmmのシムカードをセットした風景です。図を見るとドコモと書かれていますね?これは、ドコモ回線系のmvnoであるdmmであることを示しています。

dmm-simcard (3)

dmmから送られてくる一覧に、以下の説明マニュアルが付属されています。
その中に、プロファイルが公開されているURLがあるので、そこにアクセスを行います。

dmm-simcard (4)

公開URLにアクセスすると、
以下の赤枠のように選ぶところがあります。

ご自分の端末を選択しましょう!

dmm-simcard (5)

自分が当てはまる方を選択します。

dmm-simcard (6)

ダウンロードが開始されます。その後、インストールを行います。

dmm-simcard (7)

これでプロファイルの適用は完了です。

簡単でしょ!? 画面の左上にもドコモと表示されていますので、無事に開通していることが確認できます。

dmm-simcard (8)

今日も最後まで読んでくれてありがとう!
気に入ったらシェアよろしくです。

それじゃ。
バイチャ(^^)/


---PR---

FavoriteLoading記事を登録
▼記事一覧follow us in feedly