このエントリーをはてなブックマークに追加

机の上に大きなパソコンディスプレイ(モニター)が並んでいると、「ディスプレイの足」が邪魔をしてスッキリ整理ができません。また、パソコンを使いこむと欲しくなる「二台目」のディスプレイを置くとなると、なおさらディスプレイの置き場に困ることになります。ディスプレイは「大きくて」「台数が多い」方が作業性が向上します。しかし、これと反比例するように机の上のスッキリ具合が下降していきます。

そこで、この問題を解決する「ディスプレイ用アーム GH-AMCB1-H」を紹介します。このアームを利用することにより、一台のスタンドに、ディスプレイを二台まとめることができて、なおかつ「ごちゃごちゃ感」を小さくすることができます。

■ディスプレイアーム設置後、背面から撮影:
かんたんマート

関連記事:ノートパソコンを外部モニター二台で利用する方法

同時に二台のディスプレイを設置可能!GH-AMCB1-Hの魅力

パソコンのディスプレイアームとは、以下の写真のような物を言います。机とアーム、アームとディスプレイ(パソコンモニター)を固定することにより、前後左右に自由にディスプレイの位置を調整ができます。また、それぞれ別々に存在していた「ディスプレイの足」も不要となり、ディプレイアームの支柱一本で二台のディスプレイを支えることになります。

なお、稼働できる「軸数(動く関節の数)」の違いによって様々なディスプレイアームがあります。ご自分が必要な商品を選ぶようにしてください。今回、お伝えする「ディスプレイ用アーム GH-AMCB1-H」は、二軸となります。四軸などを使いたい場合は、以下の商品をお勧めします。ただし、以下に記載する説明文とは手順が異なりますのでご注意ください。

GH-AMCB1-Hのアマゾンでの評価

まずはアマゾンでの評価を見ていきたいと思います。レビューグラフは下記の通りとなります。

かんたんマート

レビュー数が800を超えている時点で、良くも悪くも注目されている商品であることがわかります。また、評点がどちらか一方向に多くはありません。(1ばかり多いなど)したがって、さまざまなユーザの評価を受けている商品であることがわかります。これらのレビューのもとになる「ユーザーの声」は以下の通りとなります。

悪いと評価したユーザーの意見

・ボルトが固い
・ディスプレイが前かがみのように傾く
・女性一人での組み立ては難しいい

良いと評価したユーザの意見

・頑丈にできている
・この値段で買わない理由がない
・ずり落ちもなし
・初心者でも大丈夫
・コストパフォーマンスがとてもいい
・24インチでも使用可能

以上を踏まえて私の評価を示します。まずボルトが固いという意見ですが、こちらは、おそらくディスプレイに付属されている工具を使った感想であると予想ができます。このように無料でついてくる工具を使っての作業はどうしても作業性が落ちます。したがって、どうしても固く感じられるなら、別に工具を購入するなどして対処ができるはずです。とくに最近は、百円均一などでも格安の工具を手にいれることができます。

ディスプレイが前かがみになる」なるのは、後述するボルトの調整ができていないだけだと思います。私自身も「なぜこんなにディスプレイが前かがみになるのか」と疑問に感じました。しかし、ディスプレイの裏にあるボルトを調整するだけで、この問題を一発で解決できました。

これらの悪いと評価した意見を客観的にみると、製品固有の問題よりユーザー側に何らかの問題があることがわかります。しかし、「女性一人での組み立ては難しい」という点については同意します。私は、30歳前後の男性です。しかし、このような比較的力のある世代であっても「すんなりと作業完了」はできませんでした。したがって、女性の場合であれば、複数人で行う方が効率的に設置できると思います。

特にディスプレイアームとディスプレイは、四つのネジで固定する必要があります。このとき、ディスプレイを一定の時間持ち続ける必要があります。私の場合は、片手でディスプレイを持ちながらネジを取り付けました。しかし、これは万が一のことを考えると、あまりオススメできない取り付け方法です。したがって、女性・男性にかかわらず二人以上で作業することをお勧めします。

良い評価については「24インチでも使用可能」という部分に注意が必要です。私はBenQ 24インチのモニターを二台使用しています。確かにこのディスプレイアームで24インチのディスプレイを二台「使うこと」はできます。しかし、「使える」と「実用的に使える」は別です。

実は、24インチの場合は、ディスプレイとディスプレイが中央部分で重なってしまいます。そのため、ディスプレイに「使えない部分」を生み出したくない人は、24インチ二台での使用はお勧めしません。24インチ未満のモニターを二台か、24インチモニター+小さなモニターの組み合わせをお勧めします。

ディスプレイ用アーム(GH-AMCB1-H)の概要

こちらがセット内容になります。予想以上の頑丈さに驚かれると思います。

ディスプレイアーム-かんたんマート (1)

私の手との対比をご覧ください。太さと長さのイメージがつきます。

ディスプレイアーム-かんたんマート (2)

不測の「工具」やネジなどは、こちらの袋の中にすべて入っています。

ディスプレイアーム-かんたんマート (3)

部品はすべて使いますので無くさないように注意しましょう!

ディスプレイアーム-かんたんマート (4)

こちらが設置前の様子です。モニターが24インチであること、モニターの足が机上にあるため、なんだか「ジャマ」に感じます。このように「机上」にあるモニターを「空中」に設置するために、今回のディスプレイアームを使用します。また、このアームは、二台のディスプレイを同時に設置できるところもポイントです。

ディスプレイアーム-かんたんマート (5)

机の天板とディスプレイアームを固定する部分です。ここが一番重要な部分となりますので、しっかりと締めてください。

ディスプレイアーム-かんたんマート (6)

これでディスプレイアームと天板の固定が終わりました。次に「ディスプレイアーム」と「デイスプレイ」を固定します。ディスプレイの背面には、四つの穴が開いています。この穴とディスプレイアームを付属のネジで止めます。

ディスプレイアーム-かんたんマート (7)

アマゾンの悪い評価の中に「ディスプレイが前かがみになる」というのがあります。これは、下の画像部分の調整ができていないことが原因です。付属の工具を使って以下の三つのボルトをゆるめます。すると、ディスプレイを上下方向に自由に調整ができますので、任意のところで固定して、再度ボルトを締めます。

ディスプレイアーム-かんたんマート (9)

これで完成です。写真は24インチモニターが二台です。机上には、ディスプレイアームの脚が一本だけとなり、スッキリ感があります。ただし、24インチサイズのモニター二台はお勧めしません。ディスプレイとディスプレイが重なる部分ができてしまい「デッドスペース」が発生してしまいます。

ディスプレイアーム-かんたんマート (10)

本日ご紹介した商品

まとめ

ディスプレイは、多いほど作業性が高まります。しかし、同時に「ごちゃごちゃ感」を覚える一因ともなります。ディスプレイアームを使うことによって「机上」「空中」に設置されたモニターへと変わります。これによって、机上のスペースを有効活用できます。


---PR---

FavoriteLoading記事を登録
▼記事一覧follow us in feedly