お得・便利情報・雑記

郵便番号で電力比較できます。自分にあった新電気料金プランを見つける方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分にぴったりな電気料金プランを見つける方法

一般家庭向けの新電気料金のスタートが残り数か月となりました。この新制度に合わせて、今まで電力事業を行ってこなかった様々な会社が、電気料金の「小売り」を行うようになります。ただ、あまりにもたくさんの会社が参入する予定ですから、自分に合った料金プランを見つけるのが大変になるとも言えます。

そんな時に役立つ電力比較サイトを二つ紹介します。
一つはエネチェンジ、二つ目はカカクコムです。

電力比較サイトで何ができるの?

郵便番号を入力するだけで、住んでいる地域で契約ができる新電気料金プランを「会社をまたいで」比較ができます。会社をまたいで比較ができるので、今までよりも自分の生活に合わせた電気料金を選択できます。操作といっても郵便番号を入力するだけなので、まずは気軽な気持ちで試してみることをおすすめします。

まだ未完成な部分がある?四月に近くなればなるほどいい?

電気料金の比較ができるのは、エネチェンジと価格コムの二サイトです。両方とも郵便番号と簡単な契約プランの内容を入力するだけで、その地域に提供されている新電気プランをずらっと比較表示してくれます。

ただ、両サイトともサイト自体はスタートしていますが、各社の料金プランが出そろっていないということもあり、比較をしてもあまり検討できる会社が表示されないかもしれません。これは、今年の四月に近くなればなるほど、改善されていくと思われますので、定期的なチェックをしてみましょう!

エネチェンジでの比較方法

まずはエネチェンジでの比較方法です。エネチェンジは、ファーストビューに郵便番号の入力欄が設けられています。

ここに自宅の郵便番号を入力します。

enechange (1)

その後、現在の電気プランや電気使用代金を入力していくと、下のような比較された画面が表示されます。

enechange (2)

>>エネチェンジ

価格コムの電力比較

価格コムさんの電力比較サイトは、エネチェンジよりも未完成な部分が大きい印象です。

こちらは、ファーストビューで全国地図から都道府県を選ぶようになっています。その後、郵便番号、現在の電気プラン内容、使用代金、家族構成などを入力していきます。

kakakukomu-denryokuhikaku (1)

以下の画像が比較した後の結果画面です。

kakakukomu-denryokuhikaku (2)

>>価格コムの電力比較

まとめ

一般家庭向けの電気料金の小売り自由化が目前となりました。これまで電話料金の自由化が行われた時など、制度のスタート時は何かと混乱が生じやすい物です。四月からスタートはしますが、すぐに乗り換えるわけではなくて、上記の二サイトを向こう一年ほどの期間をおいて比較検討していくこともありだと思います。

特に新電力以降に伴いありもしない詐欺行為が横行しているそうです。決して太陽光発電等の契約は不要ですから、だまされないようにしましょう!

今日も最後まで読んでくれてありがとう!
気に入ったらシェアよろしくです。

それじゃ。
バイチャ(^^)/

中部電力のカテエネに登録する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなのブックマーク20選

コメント

  1. 江上 憲一 より:

    井戸さん、おめでとうございます。
     今年も、宜しくご指導をお願いいたします。
     最近、巧妙な手口のまがい物が多いです。15年も使っている
    メールアドレスは変える時期かもしれません。
     売電のメールは今の所、来ておりませんが、時間の問題でしょうね。
    情報、宜しく お願いいたします。
                 江上より

    1. shine-info より:

      こんばんは、井戸です。
      コメントありがとうございます。

      そうですね。訪問販売によるアプローチがあるようです。
      お互い気を付けましょう^^

      メールアドレスは、いろいろと愛着があると思いますので、
      変更は慎重に行われたほうがいいと思います^^

      井戸

  2. 後藤欣生 より:

    電力比較サイトのご紹介有難うございます。
    私は関西電力管内ですが、原発に固執する同社の経営方針に常々疑問を感じていました。新しい電力制度が始まりましたら教えていただいたサイトで検討したいと思います。
    いつも貴重な情報をお知らせ下さり感謝致します。

    1. shine-info より:

      こんばんは、井戸です。

      関西電力管内ですが、原発に固執する同社の経営方針に常々疑問を感じていました。

      なるほど~その観点もありますね。
      たしかに..ただ今回の電力小売りの仕組みによる選択が、
      関電とのつながりを断ち切れるかどうかは微妙ですね…汗

      こちらこそよろしくお願いします。

コメントを残す

[×]
コメントの投稿を完了しました。