このエントリーをはてなブックマークに追加

バッテリーを節約するボタン

iPhone・iPadは、様々な機能が同時に働いて、何も設定をしないまま普通に使っていると、すぐにバッテリー切れが起きる可能性があります。過去記事で投稿したように、iPhoneのバッテリーを長持ちさせる方法を試せば、今使っている状態より、かなり長持ちさせることができる事に驚くはずです。

ただ、この記事を見ても、内容を理解できなかった人は、今回、iOS9からバッテリー節電に関する設定項目が追加されたので、そちらを試してほしいです。

なお、関連記事として、iPhoneの充電を外出先で行う方法もお勧めしています。

---PR---


ようやくバッテリーの節約機能がついた。

正直、今まで無かったのは、なぜだろうと思ってしまいます。
iOS9にバージョンアップすると、メニュー項目にバッテリーが追加されます。

この項目から設定を行うだけで、誰でも簡単に節約モードでiPad・iPhoneを利用する事ができます。
ぜひ、お試しください。

バッテリーを低電力モードにする手順

いつものように設定アプリを開きます。
その後、以下の画像通りにボタン操作をしてくださいね。

batte (1)

低電力モードのボタンを緑色へ。

batte (2)

節約モードが設定されていると、右上にあるバッテリーの色が黄色に切り替わります。節約を解除したい場合は、上記のボタンを白色にしてくださいね。

batte (3)

節約モードにすると、何が抑えれるの?

アップル端末内にある表示によると、

iPhoneを完全に充電できるまで電力消費が一時的に抑えられます。これをオンにすると、メールの取得、APPのバックグランド更新、自動ダウンロード、ビジュアルエフェクトが削減される

と書かれています。

ふむふむ、なるほど。

という事は、この機能をオンにししていると…

・メールのプッシュ通知が遅れる?もしくは、通知されなくなるのかな?

・操作画面の簡素化(シンプル化)されたりするのかな

すみませんが、皆様で検証をお願いしやす!

今日もありがとう!
バイチャ(^^)/


---PR---

FavoriteLoading記事を登録
▼記事一覧follow us in feedly